2017年9月22日 (金)

特別急襲隊Raiders

00paspanpres
大統領警護隊の兵士はコパススやコストラッド或いはレイダーズと言う部隊のエリート兵士から集める話の中でレイダーズは何のことやらピタリ思い出せなく調べることにした。まずin the skyという言葉と共に映画か何かあるはずだとYou TubeしたらジョニーキャッシュのGhost Raiders in the Skyと言う歌が流れてきた。昔よく聞いたウエスタン曲でまず安心、それから肝心のRaidersは英語の軍の何かだとUSAと合わせgoogleすると太平洋戦争の時のツラギの地名などが出て海兵隊部隊など長い解説があって興味を引くが、これがきっと、ヤニ将軍が若い時編成した部隊名の原典である所まで突き詰めることが出来た。こちらも長い話で関心を引くが要点をピックアップする。
1952年Ahmad Yaniはまだ中佐の時代、Banteng Raidersという部隊を組織し、多分ダルルイスラムやその後のスマトラやスラウエシでの地方反乱の時に活躍した部隊である。現在はこのRaidersの名前を冠した歩兵大隊Batalyon Infanteri (Yonif)Raidersが全国に40部隊程組織されておりヤニの部隊はスマラン地区を担当する400部隊となっていた。この400部隊の敷地にヤニ将軍の銅像が立っている。

Yonifbantengraider1e1464883160632ja

この部隊の写真を見ると顔を黒くぬり蒼いベレーのコパススを思い出す怖さがある。jakarta greater より借用、テロ制圧などやってくれているのであろう。
raiders:正規の日本語訳はない。


| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

タナ・アバンの大統領警護隊

00paspampres

Petojoの墓碑公園に入る道はJl.Tanah Abang 1 であるがその手前のJl. Tanah Abang 2 に、こんな所に?というような軍の施設がある。
門に書かれているのがMarkas Kommando Pasukan Pengamanan Presidenとあるので訳すと大統領警護隊司令本部となる。今更感心するが単語の並びが日本語と全く逆だから最後の大統領があって初めて戦闘組織ではないことが解る。英語ではPresidential Guard Command Headquartersとなりこれも不思議と日本語と同じである。何故またこんな所にという疑問はある。この組織が出来たのは早く1946年1月3日が発足記念日となっている。
PETAの特務工作隊がの流れがあるようだ。それは正副大統領はジョグジャに避難しジョグジャを首都にした時である。オランダの軍事的圧迫が強くなり大統領に危険が迫った時国家官房のPringgodigdoが整えたものである。その後スカルノには5回の暗殺襲撃に見舞われたが4回目の後、ナスチオン参謀長の提案でスカルノ警護連隊Tjakrabirawaが編成された。 これは今までの警察の配下のグループだけでなく陸海空軍からエリートを集めた分遣隊で初代はあのサブールが務めた。スカルノ失脚後、このチャクラビラワは陸軍憲兵タスクフォースに編成替えとなった。その後も2度程編成・名称が変更し現在に至る。
それは現大統領だけでなく副大統領も元正副大統領もその家族を含め警護する或いは国賓も対象となるからである。現在の名称の省略形はPaspampresであるがそれ以前はPaswalpresや Satgas Pomad Paraと呼ばれいた時代もある。上部機関は現在PANGABの直接配下となっており4グループに分かれている。ここの敷地はLapangan Hitam Mako Paspampresと言われMakoとはMarkas Kommandoなることは推定できるがHitamは何が黒いのか解らず仕舞いだった。


| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

Sutikno Slametさんは

コンプレックス・ワヒディンの中にGd. Sutikno Slamet という聞きなれない名前の建物がある。以前Gedung DhanapalaというAuditoriumhttp://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/dhanapala-08b3.htmlをブログした時触れたがその会館の後ろの右側に立っている高いビルがそうである。

00stikno_slamet
Sutikno Slametという人の情報はネットでも少なく出生と死亡年すら解らないがかろうじて1957年から1959年の2年、財務大臣をやっている。沢山いる財務大臣の中から彼が得た建物は財務省の中でも一番重要と思う予算総局Direktorat Jenderal  Anggaranである。そのあとまた2年ほど中銀総裁を務めている。生まれはKaranganyar, Kebumenとだけ出ているが中部ジャワ出身である。


00gedung_juanda_i_ii

そしてDhanapala会館の左手にはこの財務省で一番高いビル2棟が連なって建っている。写真はダーンデルス会館側からの遠望である。ここがジュアンダビルのI及びIIで、このIの方に財務大臣が執務しているのである。その他I には副大臣室或いは多くの専門家が執務しているほか、政務次官関連、或いは人事局(SDM)があり ジュアンダIIには査察総監関連の執務室である。
住所はJl. DR. Wahidin Raya No.1 Jakpus 10710であるが中にはSenen Raya通りとなっているものもあるがそれは出入り口をその道路側に持っているからであろう。ジュアンダビルのジュアンダはスカルノ時代の一番重要問題を担当した一番筆頭の財務大臣Djoeanda Kartawidjajaである。彼はStiknoの後の1959年7月から1962年3月迄の財務大臣で後をNotohamipradjoに引き渡しているが、むしろその前の1957年4月から1957年7月までの首相時代のほうが国家に尽くしていると言える。 このブログでも「画期的でもあるジュアンダ」として紹介している。

| | コメント (0)

2017年9月19日 (火)

Villa Nova 最終回

何度も何度も訪問したり書いてみたりしたがその現場に立つのは出来なかった。しかし前回のインドネシアの方のブログで現代でも関心を持つ人がいることを知って安心し、その方のブログの写真は前回借用しアップした。
00_nova_post
それに例のJP誌の切り抜きから補充すべきものを補充して最終回としよう。ここの地名は昔Tandjong Ost東岬と言われたが少なくともチリウン河がうねってその西にTanjung BaratがあるPasar Rebo地区で南3㎞で多くの日本企業が70年代進出したCiracas地区である。Groenveld(Green Field)のGroenは最初の土地所有者van den Veldeの妻の名前からもとっているそうな。彼は1740年の華人虐殺事件で逃げてきたキャプテンなどから購入した。1756年に建築、59年にVeldeは亡くなりあとはA.Jubbels からバタヴィア・アーツ&科学ソサエティのJ.J. Craanに渡り総督の子息のW. Vincent.H. van Riemsjdjikへ、Vincentは貢物などで最大の金持ちになったがあまり手入れはしなかった。代わりに妻のカタリーナとの間に14人の子供、6人のサーバントから12人の子供をもうけた。1830年代その一人Danielは6,000頭の牛乳を育て有名なミルクを生産した。平和な時代が過ぎ日本軍時代は日本軍は倉庫として使用していたがスカルノが率いたBarisan Pelaporの本部となりアングラ活動に使われたが最終は1962年に警察のものとなった。というところで切り抜きは終わっていた。
00novavelde_1
道理で先日のブログの写真ではいまだ警察が使用しており、隣の警察寮の洗濯物などが見えていたのだ。
場所はこの辺かな
注:ここではBarisan Pelaporの所でagainst Japaneseと書かれているが、この組織は日本軍が組織したジャワ奉公会の下部青年組織の推進隊である。むしろ活動したのは、独立戦の時代で反オランダ活動であり活躍した青年団体の一つとなった。


| | コメント (0)

2017年9月18日 (月)

Pekojanでも憩える

Pekojan_nov_08_072
先週のLanggar Tinggi・Pekojanの続きであるが、Pekojan地区は地区内部には昔1度しか入ったことはないのでよくわからないが
20170918
Toko Tiga通りにつながるLangar Tinggiの運河添いの道はTubagas Angkeであり、あと一つ北の大通り はBandengar(Utara/Selatan)通りと言いその向かう先はJalan Kopiとつながり、東はAngke、Duriからタンゲランやボゴールに向かう線路が走っている地区である。Tambora郡のPekojan街となるのであろうがこの北地区と南地区を合わせた大きな地区で昔からアラブやインド人が入って来た混合の街である。


20170910_1
Bandengar Utara通りには珍しく日本料理店がある。名前はえびすやと言い現地系みたいではあるが本式である。試しに憩ってはどうだろう。Pekojanも落ち着いた美しい街である。
宣伝の序にGoogleからの店の写真とマップを借用した。


| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

ダンデルス宮殿地の所有者 その2

00tanah_bang

タナ・アバン市場の開拓者でJustinus Vinck (VinckeもあるがwikiではVinck)の名前を出したが彼はスネン市場も開拓しており、二つの市場をつなぐ現在で言えばKebon Sirih通り- Prapatan – Kwitang通りも整備された。

00_senendsc_0179
それは1735年の頃で彼はまた、カンプン・ドゥグの教会の再建にも貢献している。1740年の華人大虐殺事件の時、ここトゥグも火災に見舞われたが1944年に再興したものである。彼は今マラミス会館の立つ昔のダンデルス宮殿の土地の所有者であった。
00_depok_gkib_jun07_depok_023


先般のダンデルス宮殿地の所有者で出てくる1697年のCornelis Chasteleinはバリ人を連れてきてデポックの開発にあたり現在でも教会他多くの遺蹟を残している。マイブログ「デポックのキリスト教の町」参照
1650年頃の所有者Anthonij Paviljoenは今のLapangan Bantengにあたるこの土地Lapangan  Paviljionの最初所有者として名前を残している。他に聞いたような名前のJohan Francois de Witte van Schootenという所有者も登場したが、思い当たったバタビア時代のの古いホテルHotel
Pavillion、Schomper Hotel、Hotel Wisse)などと関係しているかと調べたが痕跡は発見できなかった。


| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

二つのタナ・アバン

18世紀にオランダ人のVinckにより開発されたタナ・アバンは実際はどこだったのだろうか。はっきりと道路名でTanah Abangがついているところは
00prasasti_front_yard_half_modify
Taman Prasasti(或いは中央区役所)に行く道がT-A No.1 で、」そこからAbdul Muis通りを下るとT-A No2, T-A No.3、No.4 、No.5とある。そこにVinckeが開発した道路Kebon Sirih通りがPasar Senen方面から入ってくるがその辺りだったのであろうか。そこからAbdul Muis通りがFachrudin通りに変わりまた街の中心から入ってくるWahid Hasyim通りとの地点がパッサールタナ・アバンとなり、やはりここが最初市場として江開発された場所には違いない。

00mall_tanah_abang_2

現在大きなショッピングモールがあり、ここはその昔は同じモールでAブロックとBブロックと言われた所であるがここは1970年代2度にわたる火災が起こった地点である。そこの南側に道を2階でつながったブロックCのモールがあり、
00blok_g_tanah_abang_08s
その道をずっと運河の方に行くとブルックGがある。運河を渡ればKS Tubun通りとなる。 Tanah Abangの説明はこれで終わりでなくこの名前は郡の名前であり南はSenayan City、西はブタンブラン墓地、西はタムリン通り/Sudirman通りで北はなんと先ほど挙げたTanah Abang通り 1~ 5 は含まれず、そこはTanah Abang地区でなくPetojo地区(Petojo Selatan/Gambir郡)になるのであった。

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

行ってみたいMau ke Villa Nova

1024pxhuis_groeneveld_in_meester_co
何人もいるノファと言う友達の名前に惹かれダウンロードしていた記事の要点を書いて見よう。その記事はブログBlog Adi Nugrahaの今年4月のタイトルはVilla Nova: Dari Tempat Peristirahatan hingga Kisah Perlawanan(別荘ノファ;休息の地がから反抗の話)というものである。
「我々ジャカルタっ子或いはデポック住民で通勤列車と利用する者にはタンジュンバラット(西岬)と言う地区は知っている。しかしタンジュンチムール(東岬)を知っているものは多くはいないことも事実だ。何故ならその名前は遠く昔から使われなくなったからである。オンライン・タクシーなど使う現代ではむしろGedong地区或いはCondetの方をより使う。そこは東ジャカルタのチョンデット地区にあり多くのブタウイ人が住んでいたジャカルタで最も古い場所である。
そこには、Villa Novaと言われた緑の草原に立つ美しい建物の話と植民地主義と戦った住民の話が残っている。
Villa Novaは昔、緑の草原の意味でGroeneveldと呼ばれた地区のアイコンであった。建物とその広大な地区の最初のオーナーの名前はPeter Van Der VeldeでそしてDaniel Cornelius Helvetius van Riemsdijkの経営の後.農業や牧畜を営む金持ちの全盛時代を経験した。
その頃オランダが法律を作り税金を払わぬ住民に課した財産没収で罰したlことである。4年の間に何百人の農民が逮捕され、最後はTabaという住民が保有する資産の差し押さえの時であった。民衆の同情と怒りに押されオランダに抗して立ち上がったEntong Gendutは、ある夜と何十人かの部下と共にお祭りをやっていたVillaにやって祭りをやめさせようとした。
それはあるじの怒りを呼び大喧嘩となった。あるじはGendutを逮捕することであったが大騒動の最後、Gendutは殺されてしまった。
この事件の後、この別荘ははかなくも1985年に火災にあい、その後復興を見ることはなくその崩壊は1972年以降も市条例により保護史跡としてそのまま保存されることが決まりこの地域は国民の資産となり歴史の資産となったのである。

Img_20170305_101805


| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

Balai Kota Surabaya

ジャカルタ市内のホテル・ヘルミテージを訪ねた時近くに東ジャワ州の代表ジャカルタ事務所があった。
Gedungjatim
この時Googleを何度か捜策することがあったが、なかなかこの事務所の写真が出なく、代わりに出たのがスラバヤの州議会と夜景の建物の二つである。スラバヤの州議会は既にブログにしていたのですぐわかったがピンとかなかったのが夜景の建物である。
Baliakota4
その建物にはxx政府とスラバヤの字しか見えなかったからである。そして今回それはスラバヤの鳥居の所在地探しの際に出会うことが出来、それは市庁舎 Balai Kota Surabayaなることが解った。州ではなく市の役所であった。その古写真などは昨日のブログにも挙げた通り、Genung GrahadiのKalimas越えのKetabang地区にある。オランダはこのスラバヤ地区は東部ジャワとして地区Residenanで納めてきたが1906年に地方自治都市Gementeとして認め1916年から市長を置いた。2代目の市長Dickerman時代に市役所を建設することを決定、植民政府の技術部、設計家  G.C.Citroenを使用し1923年に完成させた。もうすぐ百年、蘭日RIの3代に仕えたものである。


| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

Langgar tinggi と An-Nawier

先週PekojanのLanggarm Cinaを紹介した時そのPekojan Raya通りのPasar Pagi 寄りの端にLanggar Tinggiというモスクがあることを紹介したがこのモスクについては10年も前にブログしている。
Tubagas_ke_asem_jan16_6
この建物は1829年に建てられたもので中国とジャワとポルトガル、コロニアル様式が混合したものでアンケ川添いであるためかモスク(お祈り場)は2階である。その後も何度かこの運河添いの道は通るが運河側の後ろは相当ダメージを受けている。


00pekojan_nov_08_087

ここに来るずっと手前にもモスクがあるがそれより古い1760年築のAn-Nawier モスクである。Banten Fatahillah 軍の指揮官ダーランによって建てられたもので、彼の墓はまだモスクの裏庭にあるそうだ。
このモスクはドームはなく、トスカナの円柱と四隅のミナレット(タワー)を持つイスラムの邸宅のように見える。 小生もつい行き過ぎてちょっと変わった邸宅だなと思いながら撮った写真がマイアルバムにあったのでアップしたい。


20170910_2
相当奥が広いのだろう。従いタワーは外から見えないし内部の柱の林立写真(google)を見るとそれが想像できる。その他に3つほど有名なモスクがこのプコジャン地区にあるようだがアルバムにはなかった。

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

スラバヤの鳥居の所在地調査

Surabaya_torii7

My ブログの「鳥居とガプーラの共通点」でスラバヤにあったと言う大鳥居の写真をブログにアップしたら 読者の方から肝心の神社はどこですかと聞かれた。鳥居は確かに神域の入り口に立つのであるからあっと思って奥を探したら大きな建物が見えた。その前に、この写真の枠外の「SimpangとKetabangの間のKaliMas橋(現在市庁舎の前)」という表示から地図で場所を探しながらここはJl.Suryoの前に立つ、州長官官舎前だと直感した。それは「Gedung Grahadi」として既にブログにしていたところである。その後ろはKalimas運河であるので神社はないものだと断定していたが、どう見ても建物自体のファサードも違うし市庁舎と官舎でも違うので再度、Surabaya City Hotelで探すこととした。 
Images7cm4zbj1

鳥居の写真がアップされたyellowflowersuroboyo.blogspotに行き当たりここにこの建物の写真が1925年や1966年の写真もあった。そして他の資料でこの建物は今、現在も未だ存在し、表示された通り市庁舎(Balai Kota)であることがわかった。位置で言えばGedung Grahadiの後ろの運河を渡ったすぐの所にある広大な場所でTaman Surya(Ketabang地区)にある。Gedung Grahadiの1ブロック右横の運河を渡る道があり、そこをまっすぐ直進するのである。
Balai_kota_surabaya_1
入口辺りにスディルマン将軍の像が立っており、或いはプロテスタント教会なども聳えている。このBalai Kotaは1923年にオランダの第2代市長の時代に建てられたもので地下に防空壕みたいなものが作られている。ミステリーである。 あの鳥居の写真は何時撮られたか、いつ壊されたか、本当に本堂などはなかったのかは不明のままである。この建物は南向きの東西に長い形をしており この鳥居から拝むとその先は東京の靖国神社の方向になることだけは突き詰めた。 


その後今日図書館でめくった本の中で以下のような文言を見つけた。「スラバヤの神社は管見の限りどこにどう建設され、今どうなっているか不明である」そしてこれは諏訪神社に倣った設計で43年7月に地鎮祭が行われたが関係者の名前は不明であった。」

ここに諏訪神社とあったので鳥居を比較するとそりあり、額あり、貫ありで同じであった。 (13日)

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

8月度投資環境トピックス: 事業に明暗:

中・米事業に明暗:
8/16 アリババ・コンソがトコペディアに11億ドル出資へ、EC研究センター設立など。
8/23 アリババ会長がイのECロードマップ運営委員会顧問に。
工業団地投資、日本を抜いて中国がNo.1プレーヤーにと連盟。五菱汽12万台GIICなど

8/2  フェイスブック、イ現法設立へ止む無しと。
8/28 グーグル、昨年の納税合意の後、国内に無料WiFiスポット設置をのむ。
8/29 ストに揺れるフリーポート、株51%売却、精錬所2022年建設でやっと契約更新へ

対策は手詰まり:
8/16 2018年度国家予算案:歳入1,878兆ルピア、成長率5.4%
8/24 2040年には化石燃料車の販売禁止に:政府が検討。
8/30 売上48億ルピア未満の企業向け法人税率引き下げを検討、現1%を0.25%まで
8/31 経済政策パッケージ第16弾:事業許可統合へ

序の記録のみ:
8/22 スホイ11機購入へ、11.4億ドル:商業相と国防相
8/4  JT、グダン・ガラム子会社とその販社を買収へ、6.77億ドル。
8/20 エクソン、チェプ鉱区で2019年までに生産開始へ、総投資1億ドル。
8/11 ユーラシア経済連合(EAEU)がイのCEPA案承認、年内 にもMoUしたい考え。
8/11 電子KTP汚職疑惑で、密談関連の米在住イ人実業家が死亡、自殺か他殺か
8/11 IS参加斡旋の男逮捕、翌日はターミナル自爆テロ関与の男逮捕
8/11 新国会議事堂の建設計画、2018年着工予定で5.7兆ルピアの予算報道。
8/16 チカンペック高速道もナンバープレートによる乗り入れ規制

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

二人の英雄 Sultan Nuku & Katoppo

00_tidore
チドーレ島からもちゃんと国家英雄はいる。あまり聞いたことがない名前であるが正式にはヌーク・ムハマド・アミールディン・カイシル・パパランガンで1738年生まれで、1779年にスルタンチドーレとなっている。オランダの種々介入に反抗しセラムを本拠にしてマルクとパプア地区をまとめオランダと戦った。彼が編成したコラコラ船隊でハルマヘラやテルナテの砦のVOC軍を攻撃しチドーレに平和をもたらした。国の歴史の一コマにも出てこないと思うが、これを素材に有名にしたのが作家のエルビアスカトッポElvianus Katoppo (1900年生まれ)でメナド出身のクリスチアンであった。

彼は東インドネシア国の教育宗教大臣などを務めた後、共和国の政府でも、基督教大学の設立やインドネシア語改定にも携わっている。彼が書いた小説が「Nuku、North Malukuの英雄」というものであった。 4人の子供たちも皆、ジャーナリストや聖書の翻訳の分野などで貢献している。その一人マリアンヌが書いたエッセイで二人を描いたものがあったので紹介しておこう。

00_nuku_katoppo


| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

Langgam CinaとLanggam Jawaの大違い

Toko Tiga の話から、ジャカルタの文化資産リストを見ることがあり、そこにこの近くの中国住宅のいくつかがリストアップされていた。 
00toko_tiga_no5_aug_16_22
Toko Tiga通り辺りは集中している地区だと思ったがJl Toko Tiga Seberang No 5として1軒だけしかなく、それも見た目には何でもないものであった。
00pekojan_nov_08_090b
そしてその西北の地区Pekojan地区のPekojan RayaにはNo.38から45、47、54、55、60、61、67、71、86、87と続いていた。
実は、何でもないと書いたが、これはNo.38以外identify出来ていない。
No.38 の前にはモスクのLanggar Tinggiというれっきとした資産がある所であるが気にかかったのはこの中国住宅の記載は例えばBangunan Langgam CinaでありそのLanggamである。スペルの前後を変えるとガムランになるからである。Langgamは元ジャワ語かもしれないが、様式とかスタイルを意味する言葉である。
Langgam CinaではないがLanggam Jawaと言えば音楽でのジャワ風旋律というクロンチョンなど似た歌のジャンルになる。遠い昔(1970年代)に流行った時代がある。あのクロンチョンの大御所マルジナーが流行らしたガムランを取り入れたチャンプル・サリと同じ様な分野である。専門家に任せよう。


Pekojan_nov_08_105


| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

クラフト・ビールの世界

Crft_beer_2
ギネスビールの他にクラフトビールも三つ程買ってきた。ラベルのデザイン中心に選んだが、この世界の奥の深さに驚いた。
Img085_2

専門デストリビューターのヤッホー・ブルーイング社が発行している季刊誌「Japan Beer」を見ての感想である。昔インドネシアでProstやEl Diabloビールを飲んでそして、「Smirnoff Ice Beer」というブログでアルコール禁止のインドネシアの方が進んでいると書いたが認識不足であった。


Img086_2
日本では地酒ビールがブームであった時代には300種類の地酒があって現在でも200種はあるそうだ。この雑誌には日本各地のクラフトビールの紹介やアメリカやベルギーなどのフェステイバルの案内なども入っている日英併記の文化度がたかいものであった。


| | コメント (0)

2017年9月 1日 (金)

アイリッシュ・ウイスキーとビール

残念ながら近所のイオン・リキュールが店じまいとなったのでウイスキーなどを買ってきた。
Irish_wisky
丁度最近アイルランドに傾注していたのでアイルランドウイスキーを探したらJamson(ジェムソン)だけがあった。アイリッシュウイスキーはアイリッシュコーヒーに入れたりするのでそちらの方が有名だがこのブランドの蒸留所は既に閉鎖されてのミドルトンが出しているそうだ。最古はブッシュミルズである。 少し甘みがあり飲みやすいウイスキーであった。もうほとんど売りつくしていたのでついでに更に近所の酒類スーパーでギネス・ビールの仕入れたがギネスもアイルランドが故郷でパブと共にアイルランドの文化である。ギネス以外ではDraughtのKilkennyが有名だ。
00_gran_mrdiadsc_0139
ジャカルタはラスナ通りのGran Melia HotelにはこのKeltのバーがあって行ったことがあったが今やどうなっていることか。食事や散歩に良く使ったものだが、今はそういう気も薄くなり、不安になる自分に 全てが変わって行くものだと自答する。最大の変化は自分である。

| | コメント (0)

2017年8月31日 (木)

PT スターツ starts

Startsさんには本当に申し訳ない。こちらばボンヤリしているからかもしれないが近所の建設屋さんかと思っていたらいつの間にか第一部上場の大企業になっていたし、
845_1530_2
いつの間にかPTでジャカルタに進出しており、今何となくキャッチした物件は昔、誰がやっているのかとブログしたことのあるダルマワンサの高層マンションであった。そのブログは「Essence ダルマワンサ Buntu」というものであるが、施工主かデベロッパーが解らずたどり着いたPT Prakarsa Semesta AlamとかSALIGADING BERSAMAの名前は上げたがStarts の広告を見るとここはdarumawannsa X 通りで30階建てのアパートは2009年に立ちエリアはパクボノ・ガンダリアとあった。このサイトを今日又開くとエリアはクニンガンとなっており、バクブオノが開発業者を示すものでなく場所を示すもののようだと失望した。 しかし場所ならガンダリヤよりクマンヴィレッジの方が近い。
Tree_park
Startsはこのアパートのいくつかの投資家の賃貸希望物件を斡旋しているようだ。そういえばカラワンのKIIC・Sedana Golfのそばにも今や二つのホテルがあるがあと一つサービスアパートがありこちらも賃貸物件を出していた。二つのホテルとはPuri KIIC Golf View HotelとDelonix Hotel Karawangで賃貸物件の方はTree Park サービスアパートという。
00starts_myouden
スターツは日本ではよく見る建設業者で今さっきその写真を取りに行ってきた。小生のアパートの出口の目の前に邸宅アパートを丁度建設中であった。本当は大きな物件を見たかったのであるが出口一歩で出会ったこの物件には負けるしかない。


| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

ダンデルス宮殿の所有者


Img081

オランダ人がこの地に目を付けたのは1650年代であるが最初の所有者はAnthonij Paviljoenである。その死後中国人に賃貸させ砂糖の栽培などが行われ、1697年に所有権はCornelis Chasteleinに渡り、その息子Anthonij Chastelijnの未亡人Anna De HaanはJohan Francois de Witte van Schootenと再婚しその後Justinus Vinckに売却し更にモッセル総督(1750-1761)に売却しMosselの後次の総督Petrus Albertus van der Parra(1761-1775)から更にPieter Gerardus van Overstratenに渡ったが彼の資金手当ての借り入れから名義は植民政府に移り、宮殿を建設する話となったものである。

1808年にダーンデルス総督が赴任したころはウェルトフレーデンカントリーハウスは崩壊しつつあり、彼はボゴール宮殿に住みながらこの地、既に植民政府軍のパレード訓練地とした現在のラパンガンバンテンの奥の広場に宮殿建設を命じた。問題もあり完成は1828年du Bus de Ghisignies総督の時であった。彼は宮殿としては使用せず財務省などの政府の機関が使用した。

Aajun07_sundakelap_kota_053

インドネシアの独立以降には新しいビルが4つ~6つほど立ったがダンデルス本館の所有者の変遷は以上のようであった。

| | コメント (0)

2017年8月28日 (月)

プタンブランの思い

00petamburan_025
ジャカルタ ジャパンクラブよりブタンブランの日本人納骨堂のある墓地で秋の慰霊祭の案内が来ていた。
小生は1990年代初め何度か参加したが、いつからだろうか今や日本から住職(長野県久遠山・延壽院の伊佐榮豊住職)がおいで頂き式を執り行っている。案内文にはその歴史が書かれているのでここに引用しておこう。慰霊祭は9月20日でクラブに申し込めばよい。
「日本人納骨堂は1931年、当時の日本人会有志(7人)が発起人となり、バタビア日本人会共済会を組織して建立されました。ジャカルタ市内に点在しておりました本名も分からない「からゆきさん」のお墓を10年の歳月をかけて集め、ここに安置しました。第二次大戦後、参拝者もなく荒れる一方となっていたお墓を見るに見かねた邦人有志が1959年に日本人墓地保存会を結成、在留邦人からの寄付を仰ぎ、市内に散在していたお墓を日本人納骨堂に集め、1960年12月に最初の合同慰霊祭が行われました。爾来、毎年春と秋の2回、慰霊祭を執り行っております云々」
このブログではこの墓地に祀られた一人の女性について2度ほど書いている。一つは2010年6月 7日、「http://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-1970.htmlプタンブラン日本人納骨堂訪問記」 でありあと一つは2015年4月24日の「興安丸 人生3度の邂逅」である。今読み直しても涙をそそる話が秘められている。ここはジャカルタだけではあるがインドネシア全土にこのように散っていった日本人のからゆきさんが眠っているのだ。アルー島のDoboだけでも何百人もの日本女性が虐げられていた時代があったという。

| | コメント (0)

2017年8月27日 (日)

租税条約の適用ガイド完全邦訳 

また改定されました。 居住者証明も新フォームになりました。インドマルコ社 「インドネシア企業経営」 8月号は、掲題の他、この月でキャッチした会計、税務,、労務、貿易、金融、産業、経済、企業、政治等のインドネシアで経営する企業が関わる全ての分野の重要法令など満載しています。
この購読の他、毎週法令ニュースなどをE-mailでお届けするサービスもあるので、是非ご連絡ください。 他に会社運営に必要な会計記帳・経理指導、税務計算申告代行、投資関連許認可・変更事項の法務セクレタリ-なども個別フイーにて提供しております。どうぞご利用ください。
詳しくはウエブサイトwww.indonesialink.net/indomalco/或いはメールアドレスrisa@indomalco.com又は   kitamura@indomalco.comに照会下さい。 

1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 3 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 5
  3 ) インドネシアの 「会計原則 217~固定資産 4」 4 11
  4 ) インドネシアの 租税条約の適用ガイド2017 6 15
  5 ) インドネシアの 輸出入における商品の決済方法および引き渡し方法 2 21
  6 ) インドネシアの 法人株主の名称変更届 1 23
  7 ) インドネシアの DGT新フォーム 3 24
  8 ) インドネシアの 通関優先パートナー制度 3 27
  9 ) インドネシアの 株式会社の買収手順   3 30
  10 ) インドネシアの 政府機関における納税者ステータスの確認 3 33
  11 ) インドネシアの 知的財産権の侵害が疑われる物品の輸出入規制 4 36
  12 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 40
  13 ) インドネシアの 監査法人のガバナンス・コードついて  2 42
  14 ) インドネシアの 作物製品輸入の推薦状の改訂 4 44
  15 ) インドネシアの 州別総覧 その2 5 48
  16 ) インドネシアの 輸出入承認・業者登録を必要とする品目一覧 1 53
   
2. 今月の政治・経済情報      
  1 ) 2017年7月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 2 54
  2 ) 2017年8月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 4 56
  3 ) 2017年Q2のDGP速報、物価・貿易2017年8月発表 メール配信 3 60
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 「明日の街角139~盂蘭盆ー永続、千年の都」  橋本政彦 3 63
  2 ) 「8月に想うこと」 広沢 勉 2 66
  3 ) 「インドネシア 州の成立 その2」 西見恭平 4 68
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2016-2017トレンド メール配信 2 72
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 74
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 75
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    

00indomalco_cover_foto_aug_2017_2

表紙写真:ジャカルタの東ムルデカ通り14番に建つナショナル・ギャラリー。現在A棟とされているメインの建物は、1817年G.C.vanRijk総督によって植民地様式の住宅として建てられたもので、バタビア城の建材を材料に用いたという。1900年にはCarpentierAltingというオランダ・プロテスタントの牧師率いる財団が、この地にオランダ東インドで最初の学校を開設。脇の建物はこの時追加されたもので、メインの建物は女子学生寮として利用された。独立後はラーデン・サレ財団に引き継がれたものの、この財団はオランダ系フリーメイソンの流れを組んでいたため、1962年この地はインドネシア政府に接収され、以後、教育文化省の管轄となる。芸術振興の拠点として利用される動きもあったが、ナショナル・ギャラリーとなったのは1998年のことである。

発行:PT. Indomalco Info Center
Plaza Sentral 5A Floor, Jl.Jend.Sudirman No.47, Jakarta 12930, Indonesia
TEL: (+62-21) 570-9767, 570-9768(直通), Fax:570-9769, 574-1923
E-Mai:risa@indomalco.com, 筆責:北村、兼松、西見
ホームペイジ:www.indonesialink.net /indomalco/

| | コメント (0)

2017年8月25日 (金)

Gedung Notohamiprodjoって知ってる?

まだまだ財務省のコンプレックスのン中には知らない間に知らない名前が付いた建物がある。
00_notohamiprojo_googl
Gedung RM. Notohamiprodjoである。google Mapで検索すると新財務省コンプレックスの入口すぐの左手の建物が指される。

00_notohamiprojo_prawiro_departemen

これは小生が最初に訪れた時真ん中の噴水池の前の建物 Gedung Prawiroとセットのものと思われる。そして昔ここにコンコルディアクラブがあったと推定したが今それは不確かでもっとダンデルス寄りかもしれない。この建物の人物はちゃんと財務大臣列伝に名前を残しておりダブりなどを調整して第12代 1962/3から1963/11で
他に前後して副大臣や金融分野調整大臣、副首相、インドネシア第1次収入・資金・監督大臣、アドバイザー補佐官インドネシア基金&強化事務総裁を兼務したりしている。この1961年から1969年は国家開発第1次計画中でデノミや預金凍結などを行った。彼はその前は国営ブミプトラ生命を担当していた。

サテこの名前で人々に何か貢献できるだろうか。


| | コメント (0)

2017年8月24日 (木)

生まれ変わるフランスセダ

新財務省のコンプレックスの奥にGedung Frans Sedaというのがある。

00balai_pustaka_lama_8
住所はやはりWahidin No.1である。やはりとしたのは奥の左手はすぐGenung Sahari通りとなりそこからの入り口に昔Balai Pustakaとか教育文化省関連の建物が都合三つあったのだが先般ブログの通りその中心である肝心のBalai Pustakaが消えていたのでこれが建て替えられたものだと推定した。
20170813_3

Gedung Frans Sedaというのは金融予算。リスクマネジメント総局が入っているビルで財政リスク管理局1階、国債局で4階、イスラムシャリア金融局が5階、外国政府の無償借款局が6階、会計評価局7階、国家支出戦略・ポートフォリオ局が8階などの仕事をそれぞれの階でやっている。どちらも8階建てであるが、今思うとこの階数は日本と同じ数え方でGround Floorは1なのであろうか
43276334
フランスセダとは、元財務大臣故この建物の名前に付けられたのであるがこの方はここぞというときに登場してくる何となくほっとする人柄のように見受けられる。小生の頭の中では待ってましたのNTT州マウメレ出身の政治家で幅広く活躍し2009年12月31日に83歳で亡くなっている。州都マウメレの飛行場には彼の名前が付けられている。

スカルノからスハルトへ移る時代に農業、財務、運輸各大臣を引き受け、難局を乗り切った。食料不足の困窮をコメの増産で救い、650%のインフレを均衡予算で収束させ、後に親友エミール・サリムが金融の英雄と呼んだ。
68年から73年は特にバリを含め東インドネシアの観光開発に意を用いた。以降ヨーロッパの大使や諮問機関DPAを歴任し カトリック党やPDI党での活動後、スハルト崩落後はハビビ大統領やメガワテ副大統領の助言者として呼ばれたりした。
その間の活動を補足しようとすると紙数が足りないほど広い分野にわたり多彩である。例えばGramedia グループ、バイエル、Phillip BAT等々の監査役やAPI繊維協会総裁、英国、米国 , 豪州、日本、オランダなどとの経済協力活動、更に アトマジャジャヤ大学や教育財団PPMを設立自ら教壇にたち、2度にわたってローマ法王を迎え、各国からの叙勲も数えきれない。しかしこのフランス・セダ会館はどう見ても昔のバライ・プスタカのビルの構造のままでその場所に立っているとしか見えない。


| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

オープン延期のKEK特区

2012年よりKEKの指定を受けた9件の他に現時点では以下の地図に表示された
12ケ所あるようだ。前回のブログに追加するとロクスマエ、タンジュン・レスン、メラウケの3ケ所である。
今年は内6ケ所を開発するという計画であるが 最大は土地問題で送れているようだ。その上政府は港湾、空運・陸運、発電も用意しなければならない。
今年オープン予定は既報のパルとマンダリカであるがおkれているのがマロイバトゥタ、タンジュンアピアピ、モロタイ、ビトゥンである。国家開発庁(BAPPENAS)のB.ブロジョネゴロ大臣は民間の投資家を募り、開発も促進するため後1年猶予期間を与えることにしたようだ

| | コメント (0)

2017年8月22日 (火)

ジャカルタ湾の海上レストラン

00_muara_angke
北ジャカルタ・ムアラアンケ漁港に海上レストランを作るという着工式があった。レストランは2階建てで、広さは4458平方メートル、店舗29が最大で客500人を収容可能という。魚料理が心配なら町中で食べてることを思えばより新鮮だろうし何よりジャカルタベイの夕日などを拝みながら瞑想するのもいいだろう。
00_2009_1219_marina_indahdsc09512_2
昔、海の写真を取りに行ったFresh Market辺りかなとかKapuk Indah Golfとの位置関係を調べたいと地図でMuara Angkeを探しに出かけた。
00_pluit_pln

ムアラ・アンケはアンケ運河の河口だから少し上流で西洪水運河が合流するがその河口は又三つ程に分かれ右側に日系が納めたと思われる火力発電がある。大きく言えばプルイット地区で今は、あまり土地勘はないがプルイットの中心に多きなMall(Pluit Village)の前の道がPluit Indah Rayaでその北にPluit Utara Raya通りがありずっと海側に開拓で突き出した岬に密集するマリーナ別荘地Pantai Mutiaraがありその岬の根っこがこの火力発電である。この前の道Pluit Utara Rayaを西にとって行くと Bay Walk MallとかPasar Ikan Muara Angkeなどがある。この沖には多くの漁船などが係留しておりこの辺りかなと思われる。
このPUR通りを西進むと川とマンゴローブで消えるがPIR通りはどんどん西に進むとPIU通りとなり更にMarina Indahに入り左手にDamai Indah Golf(Kapuk)を見て
00_tzu_chi
ちょっと進むと中国仏教のTzu Chi 伽藍に突き当たる。ここから右手海岸にでるとここが昔海を拝みに来たFresh
 Marketである。驚いたことにここの沖には既に島が現出しており陸側もせっせとマングローブ林が陸地化しつつある。そのずっと向こうに昔冒険で見たみすてられた


サッカー場がある。Tzu Chiで右に取らず左に取ると湾岸高速のKamarエクスチェンジであった。
00_marina_bay
この冒険は約5時間であったがこの辺りは小生が一番好きなロケーションである。

| | コメント (0)

2017年8月19日 (土)

Sudilah kiranya Kumohon


自分の古いインドネシア語単語帳に今もってピンと来ない言葉があったので調べてみた。
言葉はSudilah kiranyaである。Googleでは;
英語がplease be assuredとある。
日本語では上記を訳し ご安心してください
独語でsein so gut wie ~のようによくあって欲しい
大学書林では なにとぞ~して下さい である。
Sudiは~の用意があるとか喜んで~するという意味でkiraは思いの意味だから語尾を付けると“思うにきっとあなたは~する気持ちがあるでしょう あってほしい”という割と強い気持ちがあるが、相手を慮っている様子がでてくる。用法的には:いくつか挙げると;
“Sudilah kiranya Anda membantu mereka.”彼らを助けてあげて下さい。
  きっと助けてあげるでしょう 
“Jika tidak keberatan,sudilah kiranya anda ikut kami”
  重荷にならなければ、あなたは我々と一緒にやってくれるでしょう。

どうもインドネシア人は誇りが高いので依頼するのに気を使っているようだが最後は強制されている自分がある。

面白い言葉があった。一つはSudi tak sudi=segen2 喜んではしない=遠慮すると上記の反対の意味になるか。
あと一つはkira-kiraは誰でも知っている通りだが、少し離れるとter-kirai-kirai 赤ちゃん言葉ではないが汚れなどを取るために広げて振るという意味らしい。
今でも使えるかしら


| | コメント (0)

2017年8月17日 (木)

Balai Pustakaは引っ越した

Balai Pustakaは古い国営企業」として昔ブログにした。この時はその住所が解らなかった時代であったがその後の発見を今日追注記した。発端はGoogle Mapで財務省の新しいニックネームが付けられた建物群を追っているときで、それにはラパンガン・バンテン側とワヒディン側と二つに分かれるが、そのワヒディン側のコンプレックスの真ん中にPuskurbuk Balitbang Kemdikbudという建物がありそれは財務省の持ち物でもなく、アドレスもワヒディンでなくグヌン・サハリとあったためである。
20170812_21


Googleでこれらの建物名をクリックしてもBad Gatewayとしか出なかったりしたが、Balai Pustakaのサイトがあり未だ生きており住所はJalan Bunga No. 8 - 8A Matramanであることが解り、この住所をmapに訪ねると住宅地であり施設的な建物は見当たらず、

最後はMapでBalaiから探すと出てきたのがこの写真である。あまり意味が解らない表現だと思うが、解説するとGoogle Mapはいつもかなり最新状況が維持されており、そのアップデートに古いエディションとかいくつかのMapがあり、住所検索のやり方でそれらのエディションがそれぞれ出てくるのではないだろうか その二つのエディションで当該物件の場所の表示マークが異なるだけで番地表示は同じであるので Balai Pustaka自体はこの写真の所に引っ越したのは確実だ。 
00balai_pustaka_jl_bunga

Balai Pustakaのサイトにその様なニュースもなく pindah(引っ越し)と引っかけても何も出てこなかったので手間取ったが、このGoogleからの借用写真を掲げたくブログにしたようなものである。
ここにはインドネシアの民話や説話や歴史など教科書風の安価な書籍があり、外国人には丁度良いと思われる。
尚グヌン・サハリの跡地には新しいビルがたっているが多分 Gedung Frans Sedaと思われるが又にしよう。

| | コメント (0)

2017年8月16日 (水)

忘れられていた経済政策

昨日第16次経済対策が近々行われるような報道があった。小生も第11次までは期待をもって待ち、受け入れてきたがもう終わりだろうと半分飽きてきつつある中、続いていたのである。あれから第12次も第13次も第14次も、第15次も発表されたが、何となくImproving、 enhancing、strengthenという言葉だけが踊っているだけであり、快哉を叫ぶような具体的内容はなかったようだ。 
16次はネガティブリストをいじるらしい。閉めては開ける資金集めの村人を思い出す。 ネガティブ・リストを色々いじる必要はない。1~2頁のリストで済んだ時代に元に戻してもらえればいいだけである。
もっと大事なのは現在既に産業界が提出している問題点の一つ二つだけでも解決してほしいものである。
罰則適用に走る、行き過ぎのe-Faktur行政だけでも考えてみたらどうだろうか
しかし岩盤規制という言葉で知った日本の省庁の規制だらけの内規を見ると偉そうなことは言えない。

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

Puskurbuk Balitbang Kemdikbud?

前回の続きみたいなものであるがGoogle Mapで財務省の辺りを見ているとPuskurbuk Balitbang Kemdikbudと言う建物があり、この意味を問うクイズに出せばいい問題だとここに挙げるが 後ろから言うとKemdikbudはKementrianが大臣府でありdiklatは教育訓練のpendiklat、budはBudayaan文化の合体なので教育文化省の意味となり、BalitbangはBadan Penelitian dan Pengembangan 審査・開発庁とでもいうのか多くの省が持っている機関でこの教育文化省の他に、運輸省、法務人権相にもある。
最後がPuskurbukであるがこれはPusat Kurikulum dan Perbukuanであるが会計なのか図書なのかちょっとわからないが前のカリキュラムからすると図書なのだろうか 
00balai_pustaka
これを調べると住所はJl. Gunung Sahari Raya No.4である。思い出すことがあってKali Lio辺りで昔Barai Pustaka(国営出版社)を見に行ったことがある。あれは確か入口はGunung Sahari側である。このBalaiの敷地に、似たような建物がいくつかあり、それらもちゃんと写真に取っていた。今その建物の看板をよむと 最初のがBalai Pustakaで2011年8月撮影、
00_balai_p3210014
次が文部省 BALITBANG で2011年3月、
00_balai_p3210013

最後がPuskurbukでこれも2011年3月撮影で、同じ年に2回も来ていたのである。名前はみなフルネームで表示されている。やはりここは財務省ではなく教育文化省の敷地で従い入口や住所もGenung Sahariとなるのであろう。
しかし今日もこれだけの文章を書くのに調べもの・探し物で6時間もかかった。その最大の不思議はBalai Pustakaが消えていたからである。これについては疲れたので又にしよう。


| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

日系建設の槌音高し

ここ7~8月、ジャカルタで日本大手企業の不動産開発ニュースが集中した。今少し写真がぼやけているのでここで各社の写真コンテストをやってみよう。到着順ではまず、


Photo
*リッポーのチカランでの都市開発に三菱商事他多数参加 5,000haで人口1,500万人の「メイカルタ」の名称の第2のジャカルタ構想 三菱はこの一環として既にリッポーが建設中の322ha「オレンジ・カウンティプロジェクト」内の分譲住宅開発(1期分3.5ha 住宅12棟++)に参画

Daiwa_cipayung
*7/7 大和ハウス/TRIVOチパユン・シティ 高層12棟(5,000戸)
7月14日のブログで付近の観光案内は済んでいるので、今日はそのビル群の写真で
ある。  名前はサクラ なんとかにしたらしいが残念
   
25639b


*7/12 東急不動産と三菱商事 BSDにて 自社ブランド BRANZタワーマンション 
3棟(1,256戸)を上棟。全体で3,000戸の第1期分。


20170207_idr_itochu_mansion_w



*8/5 伊藤忠/清水建設/シナールマスと 空港方面のチェンカレンで エアリウムと言う名のマンション 32階建て2棟(626棟)及びタウンハウス18棟を建設、場所タマン・プルマタ・ブアナはシナールマスが既に開発した住宅地でアウターリング高速のKebon Jeruk近く。

170809_1





*8/9 森ビルはJKT一番のスディルマン通り ベンヒル地区にオフイスタワー 59F
 渋滞回避のための近くのスマンギ クローバーエクスチェンジに環状ブリッジを建設寄贈8月に使用開始


Posisi204

'
'

'


*7/22 ジャカルタで2020年までに新モール27ヶ所:イオンはNO2. ガーデンシティ、No.3 スンター、No.4 デルタマス迄行くか
写真は不動宣伝用写真を借用 サテどれが一番でしたか

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

7月投資環境トピックスジャパン・不動産プロジェクト満開


*リッポーの都市開発に三菱商事他多数参加 5,000haで人口1,500万人の第2のジャカルタ構想(5月発表分)に続き;
*7/7 大和ハウス/TRIVOチパユン・シティ 高層12棟(5,000戸)
*8/5 伊藤忠/シナールマス チェンカレン マンション 32F x2+α
*8/9 森ビル ベンヒルにオフイスタワー 59F
*7/12 戸数1,256戸、BSD BRANZタワーマンション 上棟
*7/22 2020年までにイオンモールなど新モール27ヶ所:コリアーズ
*7/21 スマトラ縦断高速道建設への投資を日本に打診:高速道路管理庁長官。
*7/29 森ビル建設のスマンギ交差点の新高架道路の供用開始。

産業・企業活動も活発
7/11 SGWMWモーター(上海通用五菱汽車の現法)がGIICで工場開所、能力12万台
7/17 PLN、スマラン火力発電(78万kw)建設で丸紅・GEと契約、 投資4.8兆ルピア、
7/17 ヤマハ発動機、イで二輪車・全地形対応車(ATV)向けエンジン生産開始。
7/18 日本無線現法JRCスペクトラ・インドネシアが正式営業開始。
7/20 ANA、ジャカルタ朝発羽田夕方着便就航。
7/25 クラカタウ・ニッポン・スチール住金の自動車用鋼板チレゴン工場、投資3億ドル。
7/31 伊藤忠、現代らと南カリ火力発電(200MW)EPC受注、契約4億ドル、

経済改革は遅遅、社会不安は常態
7/18 デノミ法案、国会提出へ:財務相。
7/19 PTKP、州別最低賃金に合わせる案を検討中と租税総局長。
7/8  バンドンの民家で手製爆弾が爆発する騒ぎ、反テロ法違反容疑で逮捕
7/10 IS信奉イ人戦闘員、国内外に600人、国家警察が監視。
7/19 強硬派HTIの解散決定、パンチャシラに反すると法務人権省。強硬派デモ
7/20 大統領選挙法改正、議席20%獲得、得票率25%の政党 に足切り
7/21 麻薬犯は必要ならば射殺:国家警察長官の考えにジョコウィ賛同。
7/29 各地で計149人の中国人がサイバー犯罪の容疑、中国覚せい剤、密輸

| | コメント (0)

«森ビルの環状ブリッジとりそなの動静