« ヘルメスの像 | トップページ | ホテル インドネシア  »

2006年3月24日 (金)

グランド インドネシア

グランド インドネシア 3月24日
インドネシアの大プロジェクトは胡散臭さが付きまとう。 イメージとのギャップが大きすぎるのと本当の当事者や計画の内容が見えないからでもある。 ホテルインドネシアとその周辺の大開発も規模は目をみはるものがある。
現在裏手の旧ウィサタホテルは取り壊され、その一帯とホテルインドネシアの敷地にアパート、オフイスビル、ショッピングモールが数棟立ち上がっている。 いわばトレードセンター街という巨大ブロックが出来上がり、グランドインドネシアと言う名称が予定されている。 5月には日本の西武デパートが開店する話もあるが建築自体が遅れているように見え相当ずれ込みそうである。

現在ホテルインドネシア本館壁のボードに巨大な完成後の姿が描かれているが これは当初の計画のままのようで二棟のジャカルタで最高となるオフイスビルが描かれている。当初のうわさでは55階建てであった。
2003年10月のジャカルタ新聞報道ではホテルインドネシア(HI)側には10階建てのアパートと7階建てのショッピングセンターと立体駐車場が建てられ ホテルウイサタ側は5,000店舗収容のトレードセンターとなっており両者は地下ショッピング街でつなぐとされている。

さらにこの計画は8社の入札でインドネシア第3位のタバコ会社ジャルムグループのチプタ・カルヤ・ブミ・インダ社がイ政府と30年BOT契約で行うものとされている。政府の取り分は49%である。

西武のジャカルタ進出は2回目で最初はパサラヤ ブロックMとの契約であった。今回のはSOGOの相手でもあるPT Mitra Adi Perkasa,Tbk (MAP).との契約である。 リパブリカ誌がこの1月に報道している。
写真は3月のある雨の日のものでホテル正面のものと、裏側から ホテルウイサタとAstonを望むものである。


|

« ヘルメスの像 | トップページ | ホテル インドネシア  »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランド インドネシア:

« ヘルメスの像 | トップページ | ホテル インドネシア  »