« グランド インドネシア | トップページ | ジャカルタ歴史  バタビア誕生迄 »

2006年3月29日 (水)

ホテル インドネシア 

ホテル インドネシア・3月28日
_hi_hermes_filatel_kestnian_010

グランドインドネシアが完成してもホテルインドネシアの旧3棟はリノベーションして残すことになっている。 ホテルインドネシアは日本の戦後賠償(US$223百万)として建設された4つのビル(ヌサンタラビル、サリーナデパート、プラブハンラトゥホテル)の一つで、建設は1959年開始、1962年完工している。当時国際級の唯一のホテルとしてインドネシアの誇りでもあったもので、30年後の1993年には早くもジャカルタ市の歴史遺産として指定されており、保存が義務付けられている。 
1962年はスナヤンスタヂアムで第4回アジア大会が行われた年でもある。8月5日スカルノ大統領は各国大使を招待しオープニングの式を挙げた。一番目のゲストは米国ロックフェラー関係の人だそうである。建設施工はPenbangunan Perumahanとインドネシア企業の名前となっているが日米の協力で行われた。

現地人の評価では、熱心な芸術愛好家であるスカルノ大統領が力を入れただけあって、建国時の芸術家の絵画や彫刻作品が多数あり或いはホテルのモザイク壁等に施されていた。特に多くのヌード彫像がプールサイド他に置かれていたのも彼らしい。 小生は宿泊したこともないし、日本料理の「山里」にもほとんど行かなかったので記憶が薄い方であるが、屋上階にはNirwana Supper Clubやインドネシア料理レストランがあったし、一階のRamayana TerraceやGanesha Barは色々演奏をやることも多く 一寸座って飲む気軽さがあった。 
当初のT字型のホテルは、1974年バリ ボールルームが追加され変形七字型となっており、このまま残るようである。ホテルインドネシア或いは HIという名称もジャカルタに付き物のデモ隊が気勢をあげた名所であったBunderan HIと共に残ると思われる。

|

« グランド インドネシア | トップページ | ジャカルタ歴史  バタビア誕生迄 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテル インドネシア :

« グランド インドネシア | トップページ | ジャカルタ歴史  バタビア誕生迄 »