« メトロと都営はどう違う | トップページ | 嗚呼 フィラテリ ジャカルタ »

2006年5月25日 (木)

地下鉄乗り継ぎ要領でこんなに価格差

メトロと都営の乗り継ぎ案内 5月25日
この10日間の間に目黒方面に4回、霞ヶ関や赤坂見附方面に2回出かけることがあった。東京メトロの地下鉄と都営地下鉄に乗り継ぐことがあり、都営の方が若干料金が高く、乗り継ぎの割引も70円のみであるので出来ればメトロだけで行ければ一番安いと言うことが判った。会社が元々違うのであるから乗り継ぎは不利である。初乗りでメトロは160円、都営170円(JRでは120円、のところがあり?)
最近のメトロネットワークの路線図は少し見やすくなったが昔(2年前)のマップでは例えば溜池と赤坂と議事堂が地図上ひっ付いて接続状況が判らず、ために乗り換えルートがわからず不満であったが、昨日新路線図を入手できた。それより便利なのはホームペイジにある東京の乗り継ぎ案内http://www.tokyo-subway.net/japan/である。料金の安い順や時間の短い順でルートを教えてくれる。先日の霞が関(東京) - 日比谷 – 目黒を検索してみるとやはり霞が関から丸の内線の見附そこから銀座線で山王、そこから南北線で目黒とメトロだけを使うと190のみであった。実際は300円で従いメトロで160円、都営が210円でマイナス割引70円だったのであろか。実際購入チケットは190円であったが、都営線でストップを食らい追加精算分110円が余計に取られた。
小生の自宅の最寄の地下鉄は路線第5号の東西線でこれは今度出来る13号線を除き全12路線の地下鉄と接続している(これは唯一だそうでこれを使う千葉県民も鼻高々としてよいだろう)従い選択指は相当数であるが、妙典ー日本橋ー山王ー目黒で270円(52分)、妙典ー大手町ー目黒 370円(51分)、妙典ー日本橋ー銀座ー山手で目黒 390円(51分)、妙典ー日本橋ー渋谷ー目黒 420円と幅がある。他に58分くらいかければ飯田橋から一発乗換えで270円コースもある。

|

« メトロと都営はどう違う | トップページ | 嗚呼 フィラテリ ジャカルタ »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄乗り継ぎ要領でこんなに価格差:

« メトロと都営はどう違う | トップページ | 嗚呼 フィラテリ ジャカルタ »