« ジャカルタ クロンチョン イベント | トップページ | ヤニ将軍の戦歴 »

2006年7月12日 (水)

ジャカルタのセレブ ローラ アマリア

00lola_amaria


ローラ アマリアはジャカルタ生まれの29歳、2001年の日本が製作し、日本の兵士の靴にキスするインドネシアの婦人で論争を読んだ“ムルデカ(独立”に出演しているので日本人にも有名だ。彼女は早くも1988年11歳でインドネシアテレビ映画祭で“アルジュナが愛を探す”でノミニーになることがあった。その後ローラの名前は“ある踊り子の裸の死”という短編作家Seno Gumira Ajidarmaの作品からつくられた映画の踊り子として主演してから有名になった。PanteneシャンプーやスズキバレロのCMにも出演、日本人とのゴシップやポルノ反対派からの槍玉にも上がった。スンダとパレンバンの混血の少女の最新の映画は “Ca Bau Kan”というもので新進演出家Nia Dinataの演出によるものである。
一人のインドネシアの女性の母親探しの話で彼女の母親は1930年ごろcabankan(courtesan高級売春婦)であったが、成功した中国人のタバコ事業者との実らぬ悲恋の話のようだ。
好きなレストランはクマンのUlam Baliだそうである。
写真はKapanlagiより

|

« ジャカルタ クロンチョン イベント | トップページ | ヤニ将軍の戦歴 »

インドネシアのセレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタのセレブ ローラ アマリア:

« ジャカルタ クロンチョン イベント | トップページ | ヤニ将軍の戦歴 »