« バリのフォーシーズン リゾート  | トップページ | イスラム化する刑法改正案 »

2006年8月 4日 (金)

モナス・ムルデカ・ガンビル・イカダ

イカダ記念碑 8月4日
モナス(Monumen Nasional)が立っている所は歴史の変遷とともに色々な呼び方がされ今でもどう読んでいいか判らないほどである。
古くはこの地の最初の開発が19世紀初めのオランダが北のバタビア(城)から南に拡大していた時代で軍事訓練所とか王の広場コーニングスプレインと言われたがその時代から通称ガンビル広場とも言われてきた。日本占領時は一時イカダ(イカタン)広場ともよばれた。 現在もこの地区一帯のクルラハンの地名とがKel.Gambirであり東側の駅名がGambirであるので未だ使われる。つまり広場の名称はLapangan Gambir、 Lapangan Ikada、Lapangan Merdeka、Lapangan Monas、Medan Merdeka、Taman Monasなどとなるが公式地名はMedan Merdekaで一般にはMonasで片付けているのではないだろうか。
Ikada_monumen
  モナス広場の南側に若者がたむろして腰掛けていた記念碑があったので記念に写真を撮っていたが今日ひょんな資料からこれはMonumen Ikadaという名前であることがわかった。但し写真を撮ったときは記念碑周りを調べたが名前を記したものは無かったはずである。

|

« バリのフォーシーズン リゾート  | トップページ | イスラム化する刑法改正案 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モナス・ムルデカ・ガンビル・イカダ:

« バリのフォーシーズン リゾート  | トップページ | イスラム化する刑法改正案 »