« ジャクサ通り祭り | トップページ | ファインアート・セラミック博物館 »

2006年8月29日 (火)

インドネシア サッカー(Sepak Bola)事情 

Copa Dji Sam Soe 2006 8月29日
取り壊されたメンテンスタディアムはジャカルタのプロチームプルシージャのホームグランドでその不甲斐なさにスティヨソ知事が取り壊しの決定を下したと言うことを新聞で読んでサッカーのずぶ素人ながら調べると其れほどではないことが判った。小生の周りでサーカーファンは殆ど居ないので推定もいれて書くとリガ インドネシアは3段階のDivision(全部で70チーム)があり一流チームはDivisi Utama(その下はDivisi Satu及びDua)でUtamaの中を更にインドネシアの東西(地理的ではない)に分けたGroup I、II(Ligina Wilayah I/II)が夫々14チームを抱えて戦う。実際はその下のDivisi Satuの上位も参加する。今年のインドネシアカップ(Copa Dji Sam Soe 2006)はタバコのジーサムスー(サンプルナ社)が昨年に引き続きスポンサーになっているようで現在上位ビッグ8が出揃った。プルシージャはGroup Iで2位(8勝7敗5引き分け)で当然ビッグ8入りを果たしている。
これらのチームは本拠地を夫々の大都市に構えておりちなみにこれらビッグ8を書くと;
Group Iは
Persija Jakarta・・・・・ プルシージャ・ジャカルタ
PSM Makassar・・・・・ PSM・マカッサル  
PSIS Semarang・・・・・ PSIS・スマラン
Persebaya Surabaya・・ プルセバヤ・スラバヤ
Group IIは
Persipura Jayapura・・・プルシプラ・ジャヤプラ
Arema Malang・・・・・ アレマ・マラン(前回優勝)
Persik Kediri・・・・・ プルシック・クディリ 
PSMS Medan・・・・・ PSMS・メダン
地域の中ではアセアンではタイがトップでインドネシアはそれに次ぐ位置を示している。 日本も安心できない来年のアジアカップ2007は財政の問題からインドネシア・タイを含む4ケ国での共同主催となる。

|

« ジャクサ通り祭り | トップページ | ファインアート・セラミック博物館 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア サッカー(Sepak Bola)事情 :

« ジャクサ通り祭り | トップページ | ファインアート・セラミック博物館 »