« サトリアマンダラ 軍事博物館 | トップページ | ブロックMで深夜 PSKをラジア »

2006年9月11日 (月)

消費者無視のバクリーが国内富豪第6位に

前経済担当調整大臣で去年の内閣改造で公共福祉担当調整大臣にランク落ちしたアブリザールバクリー氏は最近のフォーブスの長者番付によると国内第6位にランクされている。
氏は措いてもバクリーグループは重工、エネルギー、通信、バイオ、不動産と幅広い活動を展開しているが、何かときな臭い話の中にいる。古くはマンディリ銀への不良債権切捨て問題もあったが公共福祉担当になってもガス泥流事件で地域住民を地獄に突き落とした。ラスナエピセントラムの50ヘクタールの土地など何時入手したのであろうか。
小生は何故かバクリー系とつき合わされ苦労している。インターネットのradnetでも、アパートの電話もバクリー系で、奴らは直ぐブロックする。今回は3回の週末をブロックされたままブログの投稿も出来ない状況に追い込まれた。クレームの電話をしても電話会社の癖に繋がらずどうしようもない。幸いradnetとはおさらば出来たがアパートは簡単にはおさらばできない。管理サービス、保守・警備サービスどれをとっても末端まで利権・権利意識が蔓延している。販売済みアパートの共有敷地に新たに勝手に追加アパートを建てるなど商道徳も地に落ちた。これがインドネシアの元経済団体KADIN総裁であった氏が率いるグループの実態である。

|

« サトリアマンダラ 軍事博物館 | トップページ | ブロックMで深夜 PSKをラジア »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費者無視のバクリーが国内富豪第6位に:

« サトリアマンダラ 軍事博物館 | トップページ | ブロックMで深夜 PSKをラジア »