« 消費者無視のバクリーが国内富豪第6位に | トップページ | スンダ(バンドン)名物のスラビを食べる »

2006年9月11日 (月)

ブロックMで深夜 PSKをラジア

7月の投稿漏れニュース 
7月27日深夜、クバヨラン地区の商売女(PSK:Pekerja Seks Komersial)の一斉取締りが有ったようである。
彼らはブロックMのターミナルから、ファラテハン通りやマハカム通りと最後はメラワイ通りの彼女らが出没する場所を手入れしたが明け方までにたった9人を拘禁したに過ぎなかったと報じられている。このラジアはこの1週間クバヨラン地区の公務員(Pamong Praja)が行っているものでどうも事前にこの話が漏れていたようである。
Pamong Prajaが警察なのか不明であるが、深夜ブロックMから帰る場合はメラワイ通りは危ない。 日本人と見れば、KITASやパスポートの提示が求められるからである。商売女より金払いが良いからでもある。

|

« 消費者無視のバクリーが国内富豪第6位に | トップページ | スンダ(バンドン)名物のスラビを食べる »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブロックMで深夜 PSKをラジア:

« 消費者無視のバクリーが国内富豪第6位に | トップページ | スンダ(バンドン)名物のスラビを食べる »