« メンテンの公園 タマン コドック | トップページ | ベタウィ文化のオンデル2 »

2006年9月 4日 (月)

メンテンの広場 タマン スロパティ 

Soeropati_002
スロパティ? スノパティ?
ジャカルタの市中にある緑地として有名なのはモナス十字形広場についでメンテンのスロパティ公園(Taman Suropati)がある。このメンテンはBurgemeester Bishopplein.と呼ばれた時代の古い建物に散りばめられ、このスロパティ公園の周りにも既にこのブログに登場したバペナスのビルやその他パウルス教会、各国の大使公邸などに取り巻かれている。ジャカルタ知事邸もその一つであったが小生が確認したのはアメリカ大使、同公使、オランダ公使、インド大使公邸である。アメリカの公邸は流石に頑丈な目隠し用の高い塀に囲まれているが広い敷地と豪壮な作りの建物が隙間から見え圧倒される。
スロパティ公園には真ん中に小さな噴水といくつかのASEAN芸術家の手によるアバンギャルドな彫刻作品が飾られてている。これはASEAN東南アジア諸国同盟が結成されてその6ケ国の芸術家の作品で平和と調和、兄弟愛を歌い上げたものとされている。
今でもこの公園はインドネシア画家による油絵等が売られるようになった。
この名前の由来はオランダと戦った英雄の名前であるが、似た名前でスノパティと言うのもあるので気をつけなければならない。

|

« メンテンの公園 タマン コドック | トップページ | ベタウィ文化のオンデル2 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メンテンの広場 タマン スロパティ :

« メンテンの公園 タマン コドック | トップページ | ベタウィ文化のオンデル2 »