« 共産党アレルギーかスハルト擁護か | トップページ | マイバーのカウンターダンサ »

2006年9月22日 (金)

国家英雄 ニ・アゲン・セラン  

Nyi_ajeng_serang
クニンガンのニ・アゲン・セランの名前が冠されたビルを紹介したがこの名前はインドネシアの国家英雄に叙せられている人の名前である。
ニ・アゲン・セラン(1752年~1828年)
バンテン州セラン生まれ、オランダに反抗したハメンクブオノ一世に仕えた貴族ナタプラジャの息女である。1825年ジャワでディポネゴロ戦争が始まったとき、彼女は既に73歳の高齢であったが、孫を引き連れてデポネゴロ軍にはせ参じた。マングブミと共にディポネゴロ軍団の顧問であった。年老いていたのでいつも輿に乗っての参加であったが、戦半ばで病没。1974年に国家英雄となる。Nyiはスンダ語のニャイで夫人に付ける敬称

|

« 共産党アレルギーかスハルト擁護か | トップページ | マイバーのカウンターダンサ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国家英雄 ニ・アゲン・セラン  :

« 共産党アレルギーかスハルト擁護か | トップページ | マイバーのカウンターダンサ »