« 銀座のインドネシア料理 Balihai | トップページ | Kartini、ナショナリズムの燭光 »

2006年9月30日 (土)

スカルノハッタ新鉄道線、全国鉄道ネットワーク建設へ

Manggarai - Soekarno Hatt 9月30日
国営鉄道会社(Kereta Api Indonesia)と国営空港整備会社(Angkasa Pura II)はコンソシアムを組んでスカルノハッタ国債空港とジャカルタをつなぐ新鉄道線を建設予定である。
南ジャカルタのマンガライから中央ジャカルタのタナバン、西ジャカルタのカリデレスを通り空港までの絵を描いているが、これだけの土地収用の可能性は難しいはずであるがコンソーシアムでは必要とする多くの土地はAngkasa Puraが既に所有しているとしている。発表のニュースにはプロジェクト総額7,000億、2009年完成、10kmの数字があるが小生には絵空事の一部にしか見えないが。。。

一方政府は全国の鉄道網の建設も計画しておりそれにはジャワ・スマトラでの拡張、カリマンタン、スラウエシ、パプアの新線建設である。この所要資金は11.6兆が予定されているが、この金額は国の財力をはるかに越えている。スマトラでは石炭輸送をサポートすることも狙いとされ、ジャワでは大ジャカルタのネットワーク拡大、カリマンタンでは主要都市を結ぶ500kmのネットワークが含まれている。カリマンタンと東インドネシアのプロジェクトは民間入札を予定している。鉄道建設/経営の民間開放にはPT.KAIの独占とされている1992年の鉄道法の改正が必要となる。

|

« 銀座のインドネシア料理 Balihai | トップページ | Kartini、ナショナリズムの燭光 »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカルノハッタ新鉄道線、全国鉄道ネットワーク建設へ:

» 2007年3月 ジャカルタ 会社の窓の風景 鉄道事情 [マイ・つるかわ・生活〜鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモ]
? こちらは、会社の窓から外の風景を撮ったものです。 この前方には、宿泊先のIntercontinental MIDPLAZA Jakarta があります。道路を挟んで増したには、FUMAKILLAの文字が見えます。日本の殺虫剤メーカーフマキラー の事務所です。左隣りの建物は小学校です。 さて、フマキラーの事務所奥には、高架橋が見えます。これは、鉄道の高架線です。 この写真の時には、電車が走っていませんが、約10分おきくらいに電車が通っていきます。この国の電車は、東京... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 00時33分

« 銀座のインドネシア料理 Balihai | トップページ | Kartini、ナショナリズムの燭光 »