« ロンゴワルシトRanggawarsitaとマックスハーフェラール | トップページ | モナスに鐘を設置 »

2006年10月 7日 (土)

浦安国際センターの活動

バテックとインドネシア料理の国際交流
浦安市には約3,000人程度の外国人がいるようですが内インドネシアは少数派の15人、最大はやはり中国人1,011人ついで韓国643人 フイリピンがなんと3位354人 米国343人、タイは64人、隣の市川市は全体で8,700人、千葉市16,900人東京は352,000人なので市全体でも少ない方ながら国際センター、交流協会他民間の交流ボランティア活動は活発だ。今月の国際センターの行事は何故かインドネシアの2件で、同センターの広報通り以下に紹介しよう。
【多文化交流クッキング インドネシア】
市内在住のインドネシアの方、インドネシア滞在経験の長い方をお招きし、インドネシアの家庭料理を通じて文化に触れます。

日時:10月21日(土) 11:00~14:00
場所:新浦安駅前マーレ2階 国際センター
定員:10名(先着順)
申込:10月16日(月)9:00~ 306-5181
費用:1000円(材料費、当日集金)

【織物文化からインドネシアを知る】
現地での伝統織物文化を残すためにどのような取り組みがなされているかお話を聞きます。無料。

日時:10月22日(日) 13:30~15:00
場所:新浦安駅前マーレ2階 国際センター
定員:30名
申込:10月16日(月)9:00~ 306-5181
講師:小橋正敏氏(東京学館浦安高校教諭)
新浦安 : 浦安市国際センター 期間 : 2006年10月21日(土) ~ 2006年10月22日(日)


|

« ロンゴワルシトRanggawarsitaとマックスハーフェラール | トップページ | モナスに鐘を設置 »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦安国際センターの活動:

« ロンゴワルシトRanggawarsitaとマックスハーフェラール | トップページ | モナスに鐘を設置 »