« キアイYusuf Hasyim のご逝去 | トップページ | ジャカルタのバードフルは危機的状況か »

2007年1月17日 (水)

運輸省の建物は旧KPM本社 

Depperhubungan
モナスの東側の道路にも多くの古いオランダ時代の建物が建っている。KOSTRADの横の運輸省もそうである。ここの住所をオランダ時代風にいうとKoningsplein-Oost No.5, Batavia- Weltvreden となる。この建物は1918年にAIA Bureauが設計・建設したオランダのKPM社の本社ビルである。KPM社とはKoninklijke Paketvaat Maatschappij 王立海運会社である、オランダでは古くて大きな海運会社であったがバタビアの会社・施設は1957年頃のインドネシアのオランダ資産国有化時代に接収された。オランダは国際海運ピーク時にはネドロイドと言う大手があったがこれもP&Oに合併され、P&Oも今はない。 国際海運業界でKPMを探る手当てもなくなったが、未だインドネシアではこのほかにもマカッサルなどに遺産を残している。

|

« キアイYusuf Hasyim のご逝去 | トップページ | ジャカルタのバードフルは危機的状況か »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運輸省の建物は旧KPM本社 :

» FXに関する知識が無くても勝てる究極の裏技 [★☆これは面白い!FXの知識がなくてもゲーム感覚で勝てる手法です!☆★]
FXに関する知識が無くても非常に高い勝率で勝てる商品です。 [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 14時24分

» 2007年3月 ジャカルタ 国立博物館 モナス(独立記念塔) [マイ・つるかわ・生活〜鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモ]
 昨日のtranjakartaを使って、ちょっとだけ市内散策。とりあえずバスに乗り、国立博物館へ1778年創設となっていて、博物館自体古いですけど、インドネシアの歴史を知るためには、基本的な設備でしょう。 料金は、750ルピア(日本円で約10円)となっています。 展示物は、インドネシア全土の遺跡、生活文化の紹介などです。ディスプレイは、ちょっと昔の日本の博物館と言った感じ。一部には、日本の援助によって、ビデオ紹介のコーナーもありますが、この日はどういうわけか、ビデオはすべて停止し... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 18時49分

« キアイYusuf Hasyim のご逝去 | トップページ | ジャカルタのバードフルは危機的状況か »