« 立て替えられていく歴史遺産 | トップページ | ジャカルタは広い? 狭い?  »

2007年1月15日 (月)

渡辺貞夫とPeter GonthaのJava Jazz

渡辺貞夫が"Children Are the Future",と言うコンサートをジャカルタで行う。これはユニセフ協賛で3月2日にジャカルタ・コンベンション・ホールで行われる子供コンサートであるとアンタラ社が伝えた。
貞夫氏は先日ジャカルタに来てコンサート会場を視察、インドネシアの有名な音楽家Dwiki Dharmawan and Elfa Secioria.と準備を打ち合わせた。このコンサートは世界中から何百という子供達が参加し3月2-4日に行われるjava Jazz Festival 2006の一部であるとPT Java jazz Festival Production,の代表Peter F. Gontha氏は語った。 
ピーターゴンタと言えばスハルトの次男のバンバンがスカウトした盟友であった。彼はジャズプレーヤーで彼のJazz Pub “Jams”で演奏していたが、バンバンが消え去った後のチャンドラ・アスリでもインドビジョンでも旨くやったことで勇名である。今年はKool & The Gang, Brand New Heavies, Lee Ritenour, Bob James, Dave Koz, Patti Austin, Mezzoforte, Take 6, Incognito, Gerald Albright, dan Jonathan Butler dipastikan hadir.が参加予定有名どころで全体出演者1,000名、聴衆80,000人を予定しているそうである。
昔、桐島レストランのある地下にブルーノートと言うジャズカフェがあり、渡辺貞夫のコンサートを見に行ったことやBlok-MのJamzで演奏する日本のジャズグループに一寸お手伝いをしたことを思い出した。

|

« 立て替えられていく歴史遺産 | トップページ | ジャカルタは広い? 狭い?  »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺貞夫とPeter GonthaのJava Jazz:

« 立て替えられていく歴史遺産 | トップページ | ジャカルタは広い? 狭い?  »