« Suryo Pranoto通りの先の幽霊ホテル  | トップページ | ジャカルタ南北線の渋滞の理由 »

2007年1月 9日 (火)

インドネシアの携帯電話状況 

インドネシアの携帯電話の普及が今年は80百万個になると報じられている。2006年で64百万、多分2005年は48百万個くらいあったと思う。プリペイドカードが9割ぐらいを占めるが有効プリペイドカード数+契約数であれば実態の数字になるが。。
昨年3Gサービスが開始され又プロバイダーもPT Bakrie Telecom, PT Mobile-8, and two other operators, Natrindo and Hutchinsonが参入した。3Gを導入したのはTelkomsel (12月現在950,000少し眉唾?)、Excelcomindo XL( 130,000 )、Indosat(11月に開始したばかり)で、今後インターネット接続が可能になるのであろうか。携帯電話全体だとTelkomsel が35百万、Indosatが16百万個である。
80百万ということは普及率は33%、日本は90%であるが、世界は広く、アジアでも香港で123%、シンガポール105%等高い数字を示している。しかし3Gの世界では日本は世界一を誇っている。

|

« Suryo Pranoto通りの先の幽霊ホテル  | トップページ | ジャカルタ南北線の渋滞の理由 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの携帯電話状況 :

» コンセントでインターネット [パソコン教室では教えない、ビジネスパソコン術]
 ブロードバンドが広く普及してきて、各家庭のネット環境はかなり良くなってきています。 では、ご家庭内のネットワークはどうですか? 有線LAN?無線LAN? [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 19時32分

» プリペイド・デビッド・クレジットカードの違い [プリペイド・デビッド・クレジットカードの違い]
現在、決済に利用できるカードは大きく分けて3種類あります。 [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 15時51分

« Suryo Pranoto通りの先の幽霊ホテル  | トップページ | ジャカルタ南北線の渋滞の理由 »