« ジャカルタは広い? 狭い?  | トップページ | 運輸省の建物は旧KPM本社  »

2007年1月17日 (水)

キアイYusuf Hasyim のご逝去

14日夜、KH Yusuf Hasyim氏がなくなった。78歳であった。NU創始者のKH Hasyim Asy’ariの息子で氏は一族の地Jombangのプサントレン学舎(Ponpus)のTebu Irengを守ってきた。氏はスラバヤのストモ病院(RSUD Dr Soetomo)で肺の手術を受けたが甲斐なかったようだ。
12月末Jombangで危険な状態に陥り1月2日にこの病院に移送されたが病態は悪く、食べ物を吐く状態が続いていた。
1日前副大統領のJusuf KallaはICU病室に見舞うことが出来たが人工呼吸器を掛けたYusuf氏に挨拶するだけだった。NUの現在の総裁のKH Hasyim Muzadiは、常にNUとインドネシアの為戦ってきた氏の死はNUにとってもインドネシア民族にとっても大きな損失であると語った。
Gus Dur元大統領の父Wahid HasyimもHasyim Asy’ariの息子である。


|

« ジャカルタは広い? 狭い?  | トップページ | 運輸省の建物は旧KPM本社  »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キアイYusuf Hasyim のご逝去:

« ジャカルタは広い? 狭い?  | トップページ | 運輸省の建物は旧KPM本社  »