« ジャカルタ洪水マップ | トップページ | 廣安悌隊30勇士の碑 »

2007年2月 7日 (水)

日本軍上陸最前線部隊全滅の記念碑

30_015
Photo_15
昨年5月10日のこのブログに1996年に小生がプラサスティ石碑記念公園で発見した日本兵部隊の墓について写真と共に紹介したが、それは隅のほうに打ち捨てられていたので当時の大使館に善処を依頼したものであった。このあいだ、このプラサスティ公園に行ったところ案内人が日本兵士の墓名碑があると言うので一番に連れて行って呉れた所がこの小生が発見したものを土台に作った慰霊碑であった。
ところが事務所で押し売りされた小冊子によると、この部隊の慰霊碑は戦闘があったボゴール・リュリアンにも1998年に、ここの小生が発見した墓名碑の存在を知らず作ってしまい、その後このプラサステイにあるのを知りこれを2002年に作ったのが現在ここにあるものであると言うことで、すなわち大使館の善処もなかったためかダブって作ってしまったと言うことになる。
この小冊子は日蘭戦時資料保存委員会が作成した「南方各地慰霊碑一覧」と言う20頁のものでRp20,000で販売されていた。中を見ずに買ったが後で見ると水に濡れたのか、頁が前後で引っ付き読めない状態のものであった。ここに居る係りの者は、ここに眠る人たちの事跡も知らず入場料とこの本を売ることしか頭がなく、総督の墓があるかと聞いたところスティヨソは未だ生きているというのにはがっかりした。写真にはかすかに96年の日付がはいっているはずだ。

|

« ジャカルタ洪水マップ | トップページ | 廣安悌隊30勇士の碑 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

貴ブログを拝見しました。  
プラサステイ博物館で小冊子を売っていると
知り苦笑しました。もちろん、私たちは日本人
見学者用に50部寄贈したものです。
今は大使館、ジャパンクラブもお彼岸に詣でて
くれていますが、碑の再建の時には金銭的には
いっさい援助はなく、当時の厚生省出向の大使
員の阿呆さ加減には驚きました。
小生、このブログとは別にhttp://ameblo.jp/kakek/day_2006
に「いんどねしあコタコタ」を書いています。
お立ち寄りください。

投稿: kakek | 2007年2月11日 (日) 09時19分

貴重なコメントありガットう御座います。
そちら様からの寄贈品でしたか
戸棚の中にマダ大分あるようでしたが。。訪れる日本人も
少ないのでしょうか。 日本人には行って憩える綺麗なカフェーとかお土産売店がないと時間つぶしにならないですね。
インドネシアコタコタはこのブログのMy Listに後ほど掲げておきます。今後ともご指導お願い致します。

投稿: jakartan | 2007年2月12日 (月) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本軍上陸最前線部隊全滅の記念碑:

« ジャカルタ洪水マップ | トップページ | 廣安悌隊30勇士の碑 »