« ウィルヘルミナパークのイスチクラル モスク | トップページ | 高度な交通機関システムより人々の規律を築け »

2007年2月21日 (水)

ジャカルタ勤労者の住宅事情 

ジャカルタほど中産勤労者への住宅供給が無視された都市はないのではないだろうか
タルマネガラ大学の調査ではスディルマン・タムリンに勤務する165,000人の勤務者の約90%が41km以上はなれた住宅からの勤務を強いられている。勢い通勤費は彼らの少ない所得に打撃を与える。現在の勤労労働者の住宅費は50万から200万であるが、もし中級住宅の建設コストは1億程度であり、これに25%の不動産業の利益を見て17%の住宅ローンを15年で仕組むと月額ローン返済額は100万程度となる。
現在の通勤労働者の住宅の平均は8m2程度であり、5年前家賃が25万であったものが50万に増え、面積は更に小さくなりつつある。ジャカルタ市の空き地は富裕層と不動産業者のため高級コンドミとショッピングモールの乱開発でなくなりつつある。カラ副大統領は下層住宅に対する税務便宜を検討すべしとしているが。。

|

« ウィルヘルミナパークのイスチクラル モスク | トップページ | 高度な交通機関システムより人々の規律を築け »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタ勤労者の住宅事情 :

» 住宅ローンの長期固定型情報 [住宅ローンの長期固定型情報]
住宅ローンをこれから検討される方は、住宅金融公庫の証券化に伴う各民間金融機関等の住宅ローンの競合に着目すべきであります。 [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 18時34分

» マンション査定に関する最新情報 [マンション査定情報.info]
マンション査定に関する最新情報 [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 20時31分

» 住宅ローンの基礎知識 [住宅ローンの基礎知識]
住宅ローンに関するリンク集です。 [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 06時42分

« ウィルヘルミナパークのイスチクラル モスク | トップページ | 高度な交通機関システムより人々の規律を築け »