« 1月のインドネシア ニューストピックス  | トップページ | Trowulanはマジャパヒット王国の首都 »

2007年2月 9日 (金)

マジャパヒット展どころでない大統領

国立博物館では昨年の11月にマジャパヒット展を開き、Trowulanの遺跡の出土品等をジャカルタで展示する予定であったが いまだ開かれていない。 この展示会は大統領がテープカットする予定の為大統領の時間を頂かねばならないが、中々時間がないようでいまだ何時開かれるともわからない状況のようだ。
マジャパヒットの都は10km四方程度の大きさゆえその壮大さは現地でなければ味わえないかもしれないが秘宝も数々あるので是非見たいものである。
これを記念してIndonesian Heritage SocietyではMajapahitという写真集を出している。会員以外でも事務所に行けば買うことが出来る。(Rp200,000)場所はSentral Senayan Iの17Fであるが、午前か午後しか空いてないので電話で確認してからの方が良い。(TEL:572-5870)

|

« 1月のインドネシア ニューストピックス  | トップページ | Trowulanはマジャパヒット王国の首都 »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マジャパヒット展どころでない大統領:

» 2007年3月 ジャカルタ 国立博物館 モナス(独立記念塔) [マイ・つるかわ・生活〜鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモ]
 昨日のtranjakartaを使って、ちょっとだけ市内散策。とりあえずバスに乗り、国立博物館へ1778年創設となっていて、博物館自体古いですけど、インドネシアの歴史を知るためには、基本的な設備でしょう。 料金は、750ルピア(日本円で約10円)となっています。 展示物は、インドネシア全土の遺跡、生活文化の紹介などです。ディスプレイは、ちょっと昔の日本の博物館と言った感じ。一部には、日本の援助によって、ビデオ紹介のコーナーもありますが、この日はどういうわけか、ビデオはすべて停止し... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 18時47分

« 1月のインドネシア ニューストピックス  | トップページ | Trowulanはマジャパヒット王国の首都 »