« 平日は優雅にラーワマングンゴルフ  | トップページ | ミナンカバウ出身が多い独立英雄 »

2007年2月15日 (木)

Teuku Cik Ditiro通りは三つある。

メンテンのサンパン・マツダ・セントラ レストランがあるチック・ディチロ通りは番号のないものと番号が1と2とつけられたものと三つある。チックディティロはメンテンの最南のラトゥハルハリの端の橋から北上してゴンダンディア通り(現在の正式名はR.H.Soroso通り)に繋がる道路でそこで一旦切れたあとあのレストランの前の通りとその先の鉄道線に沿った道路でこのチックディティロ1も2も小さな短い通りである。この名前はアチェ戦争のときの英雄で1836年生まれ。本名はシェイフ・サマンでチック(・ディチロ)はウラマ宗教指導者としての尊称。ピディのチロ生まれだからチロのウラマと言う名前となる。 1873年アチェ戦争が起こるや彼はイスラムの聖戦として指導し勇名を馳せた。1981年、オランダは毒薬を盛る女を送り込み、結果病気を発して死亡した。1973年政府は独立闘争の英雄(Pahalawan Perjuangan Kemerdeka-
an)に叙した。

|

« 平日は優雅にラーワマングンゴルフ  | トップページ | ミナンカバウ出身が多い独立英雄 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Teuku Cik Ditiro通りは三つある。:

« 平日は優雅にラーワマングンゴルフ  | トップページ | ミナンカバウ出身が多い独立英雄 »