« IKIP(UNJ)そばのワリソンゴ村 | トップページ | 再開発の波のサリーナデパートの思い出 »

2007年3月13日 (火)

ダルマプルサダ大学に$78,600相当支援:大使館

ジャカルタ大使館はジャカルタのダルマプルサダ大学へ日本語・日本文化教育支援として頭書の金額相当の日本語教育の為の設備等を供与すると発表をした。これだけのニュースであるが時々大使館が前面に出てきて散発的支援を発表することが多い。何だろうと思う。
ダルマプルサダ大学は日本で留学したインドネシア人が中心となり、1986年に設立した大学で日本語学科等2,300人の学生が学んでいるそうだ。
プルサダ大学には1991年天皇陛下来訪時にも訪問された程、日本もバックアップしていることは承知している。拓殖大学が1997年に提携し、都市貧困対策リーダー育成事業 も行っているというが、現地ビジネス或いは政界含め未だ知名度は低いと言わざるを得ない.。未だ歴史が浅いが故だろう。ただ大学のウエブサイトは死んだままであった。
拓殖大学は桂太郎が1900年に. 台湾の開発行政人材を育成する国策大学としてスタートし、国際開発学部を持ち、世界の34大学(中国7、台湾3、韓国3、モンゴル3、イギリス3、マレーシア2、米国2等18ケ国)と留学提携している。

|

« IKIP(UNJ)そばのワリソンゴ村 | トップページ | 再開発の波のサリーナデパートの思い出 »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダルマプルサダ大学に$78,600相当支援:大使館:

» 2007年3月 ジャカルタ スカルノ・ハッタ国際空港へ [マイ・つるかわ・生活〜鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモ]
入社以来初めての海外出張。ひょんなことから、なぜか私が行くことになっちゃいました(^^ゞ。鶴川を6:00に出発。新宿から成田エクスプレス に乗り、成田空港 へ。そして、出国手続き等を済ませて、11:20のJAL 725便で一路、ジャカルタ(スカルノ・ハッタ国際空港)へ。 約8時間のフライトで、到着は現地時間の17:00(日本時間19:00)でも、不思議なものですね。 朝家を出て、夕刻には赤道の先の国に着いているなんて。 ジャカルタは、曇りでしたが、ボルネオ島上空は晴天。飛行機の窓からは、透き通った青... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 22時40分

« IKIP(UNJ)そばのワリソンゴ村 | トップページ | 再開発の波のサリーナデパートの思い出 »