« ジャカルタモノレールが本当にGO | トップページ | シャングリラ前はジョジョハディクスモ通り  »

2007年3月20日 (火)

Dukun Atas駅とSudirman駅

Dukun Atas駅と言えばタムリン通りとスディルマン通りの結び目の所の寂れた汽車の駅であったが、今はスディルマン駅と名前変えしている。寂れた駅だから名前もDukun Atas(上級占い師?)程度の名前が合っているのであるが、この捨てた名前をバスウエーが拾っている。それもDukun Atas駅とDukun Atas II駅と二つもである。Dukun Atas駅はルート1のコターブロックMが拾ってスディルマンの像の後ろの駅でDukun Atas II駅はルートIVのスルタン・アグン通りの端がランドマークビルを一周してユーターンし元のスルタンアグンに出るそのランダマークセンターの横の駅である。この二つの駅は回廊で繋がっており、駅の外に出ない限りワン・チケットで利用できる。今日は3連休の最後の日であるが、最近バスウエーの利用が増えてきたように見受ける。7路線と増えたので利便性が高まったのかも知れない。

|

« ジャカルタモノレールが本当にGO | トップページ | シャングリラ前はジョジョハディクスモ通り  »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dukun Atas駅とSudirman駅:

« ジャカルタモノレールが本当にGO | トップページ | シャングリラ前はジョジョハディクスモ通り  »