« クディリで古代王国発見 | トップページ | Arsipはオランダ時代の総督邸 »

2007年3月31日 (土)

ラーマングンにもヒンドゥー寺院 

Pura_abnityajaya_2
タンジュンプリオクの方から高速をラーマングンで降りたところ或いはプラムカから右折したところに大きなヒンドゥ寺院を発見した。敷地が大きいので奥にある寺院にいままで気が付かなかったのであろう。Pura Adhitya Jayaで旧い内部のガネシャ ガーデンの部分は1871年のもの。 城壁で仕切られた内部にはマハメルの塔、ビマ閣、トリムルティの像などもあり、外部にはヒンドゥーの学校、供え物や祭礼具を売っている店やワルンもあり一帯は将にバリの雰囲気である。誰にとがめられることもないので一寸憩うには良いところかも知れない。ところがその隣はイスラム寺院があり、共存している姿になんとなく安堵したものである。

|

« クディリで古代王国発見 | トップページ | Arsipはオランダ時代の総督邸 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/5925008

この記事へのトラックバック一覧です: ラーマングンにもヒンドゥー寺院 :

« クディリで古代王国発見 | トップページ | Arsipはオランダ時代の総督邸 »