« 上海ブルー1920とTugu Hotel  | トップページ | ジャカルタはファウジー知事に決まり? »

2007年3月28日 (水)

何故か金のある政府と軍

最近街をめぐるとあちこちに綺麗なインドネシア人好みの西洋館が立っているのにぶつかる。
Dep_keuangan_koperasi_1
ワヒッドハシム通りがメンテン・ラヤ通りとぶつかる角には財務省の協同組合用集会所がたっている。
Siriwangi_2
ブディ・ウトモの民族覚醒記念館前にはシリワンギ師団の事務所、
Kartika_medika_1
その裏にはKartika  Medikaと名前が付けられた多分これも軍の施設である。
そこからプラパタンに出たところの海兵隊の司令本部も綺麗で、その横の手工芸館は中央銀行の所有であるが、おめかし中で手工芸の展示はやめて
政府高官の宴の場所になるように見受けられる。これはほんの数百メートル単位のジャカルタ中央だけの話で広げるとまだまだある。

|

« 上海ブルー1920とTugu Hotel  | トップページ | ジャカルタはファウジー知事に決まり? »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故か金のある政府と軍:

« 上海ブルー1920とTugu Hotel  | トップページ | ジャカルタはファウジー知事に決まり? »