« 何故か金のある政府と軍 | トップページ | クディリで古代王国発見 »

2007年3月29日 (木)

ジャカルタはファウジー知事に決まり?

9月に行われる地方首長選挙(Pilkada) でジャカルタ特別州は現在のスティヨソ知事の下で副知事をやっているDR Ing H Fauzi Bowoが俄然有力になっている。ゴルカール、闘争民主党、開発統一党(PPP)、PKB、PANなど大政党を含む17政党が挙って擁立したからである。それまでは運輸大臣のAgum Gumelar氏や映画俳優Rano Karnoの名も挙がっていた、競争相手は現在元国家警察服長官のAdang Daradjatun(福祉正義党支持)のみである。彼は現在58歳、その28年はDKIのキャリアーである。1948年ジャカルタ生まれで、1976年ドイツのBraunschweig工科大学の都市建設工学士を得、又同じくドイツのBaungenieurwesen Universitasから博士号をえており、DKIの観光局長官や市の次官からスチヨソ知事の信頼を得て副知事に急ピッチで昇進している。清潔で親密感があるようだ。市は267の町(Kel)があり1町当たり10億、合計で2,670億ルピアの町村自立プログラム(PPMK)を推進する。

|

« 何故か金のある政府と軍 | トップページ | クディリで古代王国発見 »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタはファウジー知事に決まり?:

« 何故か金のある政府と軍 | トップページ | クディリで古代王国発見 »