« ボゴール、チパナス、タンパクシリン、グドゥンアグン宮殿 | トップページ | デング熱の予防法 »

2007年4月10日 (火)

3月度投資環境関連ニュース

*引き続き運輸関係事故や災害続く 7日ガルーダ着陸失敗21人、23日ジャカルタ沖フェリー火災50人、6日西スマトラパダン地震73人、3日東ヌサテンガラ地すべり74人
*新投資法ようやく国会可決。日イEPA締結へ加速。
*大統領が‘夢’:2030年までに、世界5位以内の経済大国に、1人当たり所得1.8万ドル
*首都のモノレール建設、中央政府の保証供与で4月に再開:州知事。
*今年のコメ輸入量180万トン見通し。世界第2位のコメ輸入国に転落か:FAOレポート。
*今年の完全失業者数100万人増、1,180万人に:労相見通し。
*鳥フル:検体のWHOへの提供再開。検体の提供は不公平と主張していた。死者は71人に。
*ジャカルタと平壌が姉妹都市関係で合意

|

« ボゴール、チパナス、タンパクシリン、グドゥンアグン宮殿 | トップページ | デング熱の予防法 »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月度投資環境関連ニュース:

« ボゴール、チパナス、タンパクシリン、グドゥンアグン宮殿 | トップページ | デング熱の予防法 »