« Rasuna Saidは国家英雄の飛翔の土地 | トップページ | Condetのブタウイ料理  »

2007年4月23日 (月)

クニンガンを囲む新ホテル群

クニンガン地区のTaman Rasunaアパートを持ち上げたのでここの現在の地理的状況をホテルで示すと、まずRasuna Said通りは北の端をThe Regent Hotelがあり南端にGran Melia Hotelが構えている。この道を横に跨る道がLe Meridian Hotelから来る道がサトリア通りでここはシンガポールのオーチャードロードを目指しており、JW.Marriott Hotelやその前にThe Ritz Carlton Hotelが聳え立ち最近又Rasuna Saidに抜ける直前にManhattan Hotelが開業した。サトリア通りの先がカサブランカ通りとなりプリ・カサブランカ・アパートの横にThe Park Lane Hotel、それがテベットのサハルジョ通りとぶつかる先にHarris Hotelも出来た。そう言えばタマン・ラスナ・アパートのコンプレックス内にもHotelがあった。Aston Rasuna Hotelでこれはバクリーが開発した17棟のアパートの2棟をホテルに衣替えしたものだ。これらホテルなら小生にとっては送り迎えも好都合である。

|

« Rasuna Saidは国家英雄の飛翔の土地 | トップページ | Condetのブタウイ料理  »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クニンガンを囲む新ホテル群:

« Rasuna Saidは国家英雄の飛翔の土地 | トップページ | Condetのブタウイ料理  »