« 3月度投資環境関連ニュース | トップページ | Gedung Kesenian ジャカルタ芸術劇場 »

2007年4月11日 (水)

デング熱の予防法

毎年雨季にデング熱病がはやる。今年は1月から3ケ月だけでジャカルタだけで42人の死者がでており、昨年は通年で51人であったというから大変な数字である。 2004年は症例では20,640人で90人が死亡している。3月がピークを迎えるがこの3月だけの症例は4,423人、昨年の3月は2,249人である。1998年には133人が死んだメモがあった。
洪水で見たように雨水の流れが悪くなっており、ヒトスジ縞蚊が発生しやすくなっているのであろう。アパートでは2回ほど燻蒸消毒を実施したが、予防薬もないため刺されないようにするしかない。感染すれば38度以上の熱が5日ほど続き、頭痛、筋肉痛に襲われる。
効果は知らないが蚊が嫌がるZodiaと言う植物があり会社にまで売りに来ていた。臭いので嫌がる人もいる。

|

« 3月度投資環境関連ニュース | トップページ | Gedung Kesenian ジャカルタ芸術劇場 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デング熱の予防法:

« 3月度投資環境関連ニュース | トップページ | Gedung Kesenian ジャカルタ芸術劇場 »