« 日本は何故インドネシアに無頓着 | トップページ | Rasuna Saidは国家英雄の飛翔の土地 »

2007年4月20日 (金)

ジャカルタ・アパートビジネスは儲かる

ジャカルタポストによると不動産仲介業の雄プロコンインダー社のリポートの引用であるがジャカルタはまだまだアパートの需要は伸びる一方であるが供給に制約があるのでアパート事業はバイアブルな投資案件だとしている。街には工事中のアパート・コンドミが林立しており其れほど希望の沸く事業には見えないが、話は一寸変わるが、昨日日本の知り合いがジャカルタ・ロングステーの下宿を探しておられたのでThe Residen 71とParama Guest Houseを紹介したが、休暇を兼ねたジャカルタ旅行が増えてくる燭光を感じる話であった。ジャカルタの知り合いが今後大中心地のひとつとなるラスナサイドのアパートを売りにだしているが、Rp570百万(7百万円)程度で良い投資物件である。

|

« 日本は何故インドネシアに無頓着 | トップページ | Rasuna Saidは国家英雄の飛翔の土地 »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタ・アパートビジネスは儲かる:

» 設計から工事計画、現場管理までを手がけれる [2級建築士]
設計から、工事の立案、現場管理、監督まで建築全般を手がけるのが建築士です。 大きなプロジェクトに関われたり、アイデアを"建物"という大きな形で残せるやりがいのある仕事です。 幅広いフィールドで活かせるため、多くの関連企業から求められています。 2級建築士が設計を担当するケースが多い分譲住宅等の着工も景気に左右されることなく比較的安定しています。... [続きを読む]

受信: 2007年4月20日 (金) 16時07分

« 日本は何故インドネシアに無頓着 | トップページ | Rasuna Saidは国家英雄の飛翔の土地 »