« ジャカルタ・アパートビジネスは儲かる | トップページ | クニンガンを囲む新ホテル群 »

2007年4月21日 (土)

Rasuna Saidは国家英雄の飛翔の土地

Mar_19_2006_050_3
アパートメン タマンラスナはRasuna Said通りにある。この通りは3 in 1が免れており、バスウエー、モノレール、ウオーターウエーに囲まれたラスナ・エピセントラムは近い将来ジャカルタ随一のビジネス・レジデンス・ショッピング・コンプレックスになる。
Rasuna Saidと言う名前がインドネシアの国家英雄の名前でそれも女性であることを知ったのは最近のことである。
彼女は西スマトラ出身の婦人教育運動家で、以下のような経歴の持ち主だが、この地区・この通
りとはどんな関係があったのだろうか。
イスラム系学舎に学び、1930年にインドネシア ムスリミン党の前身PMIに参加しオランダ批判の演説を重ねた為、逮捕されスマラン拘禁される。後にパダンで学校を創立、婦人雑誌を指導。独立後はDPR議員から1959年にはDPA委員となる。74年国民英雄(Pahlawan Nasional)に叙せられる。
Rasuna_belakang
ラスナサイドの裏手の川岸はまだこんな状態である。(写真テスト中)

|

« ジャカルタ・アパートビジネスは儲かる | トップページ | クニンガンを囲む新ホテル群 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rasuna Saidは国家英雄の飛翔の土地:

« ジャカルタ・アパートビジネスは儲かる | トップページ | クニンガンを囲む新ホテル群 »