« スミトロ博士の死亡広告を読む | トップページ | 死亡広告、財閥の場合:大家族のインドネシア語 »

2007年5月17日 (木)

Cut Nyak DienとTeuk Umar通りは夫婦道

5月8日のブログのトゥック・ウマール通りの北の端の右側に先日紹介したバタビア・芸術センターがあるがその横の鉄道に沿ってこれも先に紹介したチック・ディ・ティロ通りに出るまでの道はチュット・ニャク・ディエン通りと言う。この道の名前の英傑、Cut Nyak Dienは1850年アチェ、Nanta Setiaのウレバーランの娘としてうまれたが、1873年にはNanta Setiaはオランダに占領された。彼女は小さな子供を連れて避難したが、父と夫は1878年Gleの戦いで戦死した。彼女は夫の敵も取る為オランダとの闘争に参加するようになった。1880年彼女は父の従兄弟のTeuk Umarと結婚し父の領地を奪い返したが、その代償は1899年Meulabohでのテウク・ウマールの戦死であった。彼女は引き続き先頭にたち闘争を指導した。年老い50数年、オランダは軍を動かし、彼女は逮捕され、スメダンに幽閉され1908年その血で没した。1964年に独立闘争英雄に叙されている。これは夫よりは速かったが道路名は夫の名前の先っぽの右側の小さな道である。

|

« スミトロ博士の死亡広告を読む | トップページ | 死亡広告、財閥の場合:大家族のインドネシア語 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cut Nyak DienとTeuk Umar通りは夫婦道:

« スミトロ博士の死亡広告を読む | トップページ | 死亡広告、財閥の場合:大家族のインドネシア語 »