« コタ旧中銀前の歩道トンネルの現況 | トップページ | インドのBebekが大攻勢か »

2007年7月18日 (水)

6月のインドマルコ社投資トピックス

インドマルコ社の6月度のインドネシア投資環境関連ニュースをサマライズすると
*バタム島全域を自由貿易地域に:経済閣議で決定
*イ格付け改善の予測ムーディーズ。政府債務の割合が徐々に下がっていることも好感。
*3月末時点の貧困者数3,717万人、前年同月比215万人減。貧困率は16.58%で
*南マルク共和国活動家ら約25人が大統領式典に乱入騒ぎ。
*国税通則法改正案がようやく国会通過、来年1月1日より施行。税務紛争へ道
*ヤマハ発動機、カラワン第2工場増設計画、年産能力180万台に。投資約4億円の見通
*新経済政策パッケージ発表。計141項目。ネガティブリスト策定、VAT還付の迅速化など。
*今年の国内自動車産業成長率予想、昨年(9.79%)上回る11.5%:購買力回復の兆し
と総じてプラス項目であった。

|

« コタ旧中銀前の歩道トンネルの現況 | トップページ | インドのBebekが大攻勢か »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月のインドマルコ社投資トピックス:

« コタ旧中銀前の歩道トンネルの現況 | トップページ | インドのBebekが大攻勢か »