« 年間通したジャカルタ観光行事 | トップページ | こんな所もメンテン通り »

2007年7月25日 (水)

Ali Sadikin市長にこんなにも功績が

ジャカルタ市のオランダ時代の旧建物等の保存、公園、博物館に意を尽くしたことで、小生のブログにもよく名前の出るアリ・サディキンH. Ali Sadikin元ジャカルタ市長を紹介しておこう。退役海軍中将(Letnan Jenderal TNI KKO-AL )だけあってスマートさを感じさせる。KKOとは海兵のKorp Komandoである。1927年7月7日生まれの80歳でJI. Borobudur No. 2 でご健在である。今までにBintang Mahaputera Adipradanaを叙勲(Tanda Kehormatan)している。スカルノ大統領時代に何度かスカルノの内閣を海洋大臣等で支え、Putera Bangsaに列せられた。氏は首都の首長を1966年から1977年まで務めた。特に芸術振興にも力を入れ1968年にはタマンイスマイルマルズキ(TIM)をオープンした。その他、ラグナン動物園、プロジェクト・セネン、アンチョール夢公園、タマンリア・ルマジャ、プルイット衛星都市、などをオープン、チョンデット地区の文化再評価やバス網の整備にも力を尽くし或いは今に続くジャカルタ生誕記念日の祭りや博覧会ジャカルタフェアーをスタートさせた。スハルト崩壊時には政治改革に種々助言・批判活動を行った。今度のジャカルタ市長選挙には建築に明るいFauzi Bowoを支援している。息の長い活動の人生である。

|

« 年間通したジャカルタ観光行事 | トップページ | こんな所もメンテン通り »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ali Sadikin市長にこんなにも功績が:

« 年間通したジャカルタ観光行事 | トップページ | こんな所もメンテン通り »