« 飛行機に乗り遅れたらの怪事件 | トップページ | ベンクルーのスカルノ・ファトマワティ公園 »

2007年8月18日 (土)

バスウエー6号、4号、1号乗換えでB-Mへ

「dukun_atas.jpg」をダウンロード
Dukun_atas

Pizzaman

独立記念日の17日、運ちゃんを休ませ念願のバス試乗を行った。ラスナからブロックMまでは路線地図で読んだとおり2駅を乗り継ぎ行くことが出来た。先ずラスナサイドでRp3,500 noチケットを買い、改札を抜け待つほど7分、ラグナン動物園からやって来た6号線に飛び乗った。生まれて初めてのインドネシア バスである。安作りに見えるが思いのほか小奇麗な座席を見渡していたら次の駅で背中にしていたドアーが急に開きそのまま座席の柱に挟まれていしまった。センサーもないためドアーが閉まるまで惨めに待たねばならなかった。
路面は大きな凹凸面があり、右や左のカーブをスピードを上げて飛ばす為危険を感じる。スルタンアグンの橋からラトゥハルハリまでは一般道路、そこから4号線との接続のハリムン駅で降りると駅は人々でびっしり、今日は日が悪かったなと辞めようかと思ったが数台バスをやり過ごすうちに次の乗り換え地ドゥクアタス行き4号線バスに乗り込めた。ドクンアタス駅はランダマークビルを回りこみその横にあり、スデイルマンの1号線の駅とは150メートルほど離れておりその間専用ブリッジでつながっている。スデイルマンのドクンアタス駅で又4台やり過ごして乗り込むことが出来た。スデルマンからシシンガマンガラジャを通ってB-Mに向かう。運ちゃんの横の一番前の座席に座ることが出来、いつもと違う車窓の景色を見ながらやっと写真を撮る余裕が出て来た。接続駅では駅構内が仕切られておりそこから外に出ない限り1回のチケットで何度でも乗り継ぎできる。
チケット代は値上げの話もあり、こうなると余り日本と変わらなくなるが今でも利用客は中流階級のようですりの心配は余りしない。何度か話しかけてみたが人々は愛想悪く、これは緊張している為であろうか。

|

« 飛行機に乗り遅れたらの怪事件 | トップページ | ベンクルーのスカルノ・ファトマワティ公園 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスウエー6号、4号、1号乗換えでB-Mへ:

« 飛行機に乗り遅れたらの怪事件 | トップページ | ベンクルーのスカルノ・ファトマワティ公園 »