« Pramuka通りはボーイスカウト100周年 | トップページ | 進むバス・ウエーネットワーク  »

2007年8月 5日 (日)

7月インドネシア投資環境ニュース


*欧州27カ国へのイ航空会社の乗り入れ、正式に禁止に:EU決定。サウジも追随。
*会社法改正審議:企業の社会的責任(CSR)義務、廃棄物排出会社等に限定
*投資ネガティブリスト/条件付開放分野についての大統領令署名される。
*テロ黒幕とされるバアシルが次期大統領候補! 急進派ムジャヒディン評議会が推薦方針。
*スラウエシで大雨と地すべりで72人以上死亡46人行方不明
*マンディリ、首都空港鉄道プロジェクト投資1.7兆ルピアの70%支援方針表明。
*ナイキの契約打ち切り:副大統領が緊急閣議する騒ぎに。従業員らが再びデモ。
*物品税法改正案も国会で可決。贅沢品税が物品税に代わる余地できる。
*州都法案が国会可決。州知事の閣議参加認められる。
*バイオ燃料投資流行る。上期の民間投資170億ドル記録、

|

« Pramuka通りはボーイスカウト100周年 | トップページ | 進むバス・ウエーネットワーク  »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月インドネシア投資環境ニュース:

« Pramuka通りはボーイスカウト100周年 | トップページ | 進むバス・ウエーネットワーク  »