« Marlborough要塞は荒廃を生き抜く | トップページ | バスウエー6号、4号、1号乗換えでB-Mへ »

2007年8月18日 (土)

飛行機に乗り遅れたらの怪事件

今日ジャカルタに出発、盆が過ぎると料金が安くなるが、其れほどお客は激減するのであろうか。 今日は適度に混んではいたが又三つの席を独占できた。前の方はかなり混んでいるが後ろのコンパートメントは空いている。いつもの通り客を数えるが今日はちょっと数えるのは難しく、多分40人ぐらいか、つまり90座席ある後ろのコンパートメントで以前数えた7人が9人になり23人になり今日は40人と言うわけである。今日は夏休みなので少し割り引くとしても少し増えてきたことがうれしい。ところが中々動き出さない。誰か一人遅れているのでお待ち下さいのアナウンスがある。ふと見ると未だ荷物を載せている最中なるのを発見、その後説明ではその人は乗らないことになったのみアナウンスがあったので早速食いついてやったがチーフアテンダントが後から説明に来て言うには荷物は載せているのではなく乗らなくなった人の荷物を下ろしていたのだと言うことが解かり、そのようなケースでは危険物の荷物だけのせ本人は乗らないことがあるので必ず下ろすということで大納得。これはテロ未遂であり或いは愉快犯か、飛行機会社はきっちり警察に報告しメデイアも取り上げ犯人はとっちめないといけないと思ったこであったが、後で考えると自爆犯の荷物はどのように排除できているのだろうか。自爆する気になれば危険な荷物を載せられるコとになる。いつものリピートになるが、噛み付きたいところは:未だジャカルタ便にタイガールが乗っていること(これも事前に噛み付いたのでおしゃべり用カーテン仕切りはしなかったが。。)、世界の天気予報にKLはあるがJKT・Baliはないことは変わりないが、今回の機内ビデオは前回の往復で見たスパイダーマン、シュレック、ディープブルと3本も同じものでお茶お濁していた。又
飛行場での手荷物検査で使い古しの歯磨きチューブを没収された。きちんと透明のビニール袋に入れて且つキッチリ見せたのであるが。。自己申告すると言ったとおりに宣告する医者、占い師、警察を思い出した。

|

« Marlborough要塞は荒廃を生き抜く | トップページ | バスウエー6号、4号、1号乗換えでB-Mへ »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機に乗り遅れたらの怪事件:

« Marlborough要塞は荒廃を生き抜く | トップページ | バスウエー6号、4号、1号乗換えでB-Mへ »