« ガンビールのエマニュエル教会の建築様式 | トップページ | チキニとKimia Farma »

2007年9月23日 (日)

ラマダン関係なしのBloK-M、ファラテハン

ブロック・エム裏の外人バー街のファラテハンに行ってみた。昨年も行ってリポートしたとおり昨年は全部閉まっていた。(兎に角その日は閉まっていた)今年はどうだろう、いつもと変わらぬ賑わいをみせていたのだ。この辺りの店は名前からMy Barで中身はディスコなのでモロに閉鎖対象遊興施設になるのであるが、今年はフロアをステージにして音楽を楽しむ趣向にして営業許可を貰っているようだ。ライトミュージックとか言って許可を貰ってしまえばあとはガンガンと派手にやる。ビールもいつもの通り小瓶をラッパ飲みできる。ブロックMでも酒は一切出さないクラブがあると思うと普通と変わらぬ店もある。ビールだといけないのでお湯飲みでお茶を飲む振りさせながら供する店もあるがその分、量が少なくなるのに料金は同じとくる。この遊興施設閉鎖条例はアルコール提供がいけないのか、遊興がいけないのかはっきりしない。ロサリ・ホテルのレストランのコーナーのバーカウンターはボトルを無くしホテルのレストランなのに一切アルコールはださないのには呆れ返る。My Barのバンドは楽器4名、シンガー4名の8人編成のPlastic Bandと謂う名前のバンドで男性歌手も女性歌手も握手を求めて来たり愛想がいい。女性のシンガーの一人は休憩時には側まで来てくれて会話を楽しんだ。彼女の名前はMoureenで、パイレーツ オブ カリビアンのエリザベス・スワン似の美人ある。持ってきた電池3本もこの1ケ月使い切ってしまっていたのでデジカメがないのが残念で代わりにサインを貰ってきた。

|

« ガンビールのエマニュエル教会の建築様式 | トップページ | チキニとKimia Farma »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラマダン関係なしのBloK-M、ファラテハン:

« ガンビールのエマニュエル教会の建築様式 | トップページ | チキニとKimia Farma »