« イソラ宮のD.W. Berrettyの栄光と運命 | トップページ | Pasar BaruのToko Kompakは健在  »

2007年10月 6日 (土)

DKIはレバラン帰省に乗じた人口流入を監視

Detik誌の社説では毎年レバランでは首都の人口が増え郊外化が進んでいる。首都に入ってくるポイントは28ケ所あり、DKIでは毎年の事ながら監視を強める。昨年はDKIから出た人2,402,494人であったが入ってきたのは2,484,344人で81,850人増加した。2007年は区の数で8ケ所規模の200,000人くらい増えると予想されている。
28ケ所とは主要ターミナルPulogadung, Kalideres, Kampung Rambutan及びLebak Bulus、補助バスターミナル(Rawamangun, Grogol, Rawabuaya)、汽車の駅(Gambir, Jatinegara, Senen、空港(Halim Perdanakusumah と Soekarno Hatt)高速出入口(Cikampek, Jagorawi, Merak.)である。確たる就職口と住居がないものは入らせないとのことであるが又チェックで混むのであろうか。

|

« イソラ宮のD.W. Berrettyの栄光と運命 | トップページ | Pasar BaruのToko Kompakは健在  »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DKIはレバラン帰省に乗じた人口流入を監視:

« イソラ宮のD.W. Berrettyの栄光と運命 | トップページ | Pasar BaruのToko Kompakは健在  »