« Batawiの伝説 Batu Ampar | トップページ | St.Mary Catholic Cathedral »

2007年11月 8日 (木)

仲良く建つIstiqlal MoskとKathedral

Istiqral
モナスの北東にそびえるイスティクラル モスクは9.5haの三角形の土地に10万人収容できるモスクと言うことで東南アジア最大である。三角形と言うのは昔シェル・今プルタミナの建物の前の道JlPertiwiと大伽藍前のJl.Kathedralを二等辺直角三角形としてその斜線部分が鉄道に沿うイタリヤレスト Doms前のJl.Veteranである。住所番地なぞはない。その三角形中に無理やりメッカの方に向かわせているのでなんとなくアクセスし難いが北の側の水門から入るのが入りやすい。 このモスクもスカルノの発案で1961年にクリスチアンの建築家Silabanがデザインし1967年に完成、オフイシアルには1978年になってオープンしたとある。
5階建てのメインビルと付属ビル、それを囲むような コの字型の2階建てのコリドーがありこの コの字の中がアウトサイド・テラスである。メインのドームの直径は45メートル、ミナレットの高さが70メートルである。正面にカソリックの大伽藍が向かい合ってその威容を競争しているが、日曜は大伽藍が渋滞するが、モスクは閑散としていた。

|

« Batawiの伝説 Batu Ampar | トップページ | St.Mary Catholic Cathedral »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/8819030

この記事へのトラックバック一覧です: 仲良く建つIstiqlal MoskとKathedral:

« Batawiの伝説 Batu Ampar | トップページ | St.Mary Catholic Cathedral »