« ジャカルタ地域温暖化 | トップページ | Wijaya studio21の買収の正体はMy Place »

2007年11月30日 (金)

ブロックエムの環状建物 螺旋NYKのグッゲンハイム美術館

Bm007
グッゲンハイム美術館はアメリカの鉱山王ソロモン・グッゲンハイムのコレクションを基にして1937年に設立された美術館で1959年に五番街の現在の建物になった。設計は日本の帝国ホテルも手がけたライトである。此方はカタツムリ上で中央が吹き抜けになって最上階から展示品を見ながらいつの間にか最下階に移る趣向であるが、外観が似ている建物がブロックMの入り口近くにある。此方は最高検察庁の中の別館でブロックエム・モールに隣接する建物である。もう十数年も側を行過ぎるのであるがしげしげ見たのは今回が初めてである。グッゲンハイム美術館の写真を見て、この建物を思い出したがそれはそれまで螺旋状の駐車場とばかりイメージしていたからであった。
人間の知覚とは恐ろしいものである。

|

« ジャカルタ地域温暖化 | トップページ | Wijaya studio21の買収の正体はMy Place »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブロックエムの環状建物 螺旋NYKのグッゲンハイム美術館:

« ジャカルタ地域温暖化 | トップページ | Wijaya studio21の買収の正体はMy Place »