« Balibo事件とは | トップページ | バタビアの汽笛一声ブイテンゾルグへ »

2007年11月23日 (金)

ボゴール駅も旧い建物

Bogor_07_032
先日ボゴールに行ったときボゴール駅に2度も行くはめになったが地図では植物園の近くであるが2度とも大回りさせられた。ボゴール駅は1881年に建設された旧い駅である。又最初に電車(KRL)が導入された駅でもある。Sukabumi-Bogor線はデーゼル車両である。
ジャボタベク地区の通勤者の便としても利用されておりかなり短い間隔で発車している。ジャカルターボゴール間のチケットはRp11,000 片道、約1時間の所要時間である。このBogor-Jakarta線には多くの日本の電車もここで老体に鞭打ち頑張っている。都営三田線の電車は姉妹都市の東京からの贈与だそうである。

|

« Balibo事件とは | トップページ | バタビアの汽笛一声ブイテンゾルグへ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/9069283

この記事へのトラックバック一覧です: ボゴール駅も旧い建物:

« Balibo事件とは | トップページ | バタビアの汽笛一声ブイテンゾルグへ »