« Wijaya studio21の買収の正体はMy Place | トップページ | 2006年国家英雄選出とその待遇  »

2007年12月 2日 (日)

ジャカルタ猖獗の地diarrhea で8人死亡

18世紀、バタビアは猖獗の地で連日多くの人が墓場に運ばれたが、今日も北ジャカルタではそれが再現されている。川上から流れてくるゴミで川は腐敗し、温暖化で海水レベルが上昇、海浜の低地帯は湿地帯化しており、病原菌の巣窟となっているようだ。
下痢で片付けられているが流行性チフスではないかと思われる。しかしニュースによるとそこまで酷くはなく、
罹病者はピーク400人であったのが最近は少し納まった数字である。市の水道も行き渡っていないので飲み水に事欠いており最後の死亡の赤ちゃんは脱水でなくなった。一方で市はチョクロアミノトどおりなど車を追い出したあと、鉄柱でブロックした歩道など美麗化に努めている。やっていることがちぐはぐである。

|

« Wijaya studio21の買収の正体はMy Place | トップページ | 2006年国家英雄選出とその待遇  »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタ猖獗の地diarrhea で8人死亡:

« Wijaya studio21の買収の正体はMy Place | トップページ | 2006年国家英雄選出とその待遇  »