« パシフィックプレイスと華人の賑わい | トップページ | インドマルコ「インドネシア企業経営」11月号 »

2007年12月 6日 (木)

Pasar BaruのVihara仏寺の数々

Kota_nov06_118Kota_nov06_115

パッサールバルーの裏手と言うか前面でもある大通りに面して素晴らしい教会(グレジャ・アヤム)があり、更にこの近くに仏教のお寺があると地図が示していたためこの込み入った地区に入ったのであるが、この地区はLautzeと言う。グヌング・サハリ通りを北上しマンガ・ブサールに入るジェンバタン・ブシ橋を渡るやすぐ左に折れチリウン川沿いに戻るとそこはカルチニ通りが右手にありそのNo.10 からNo.3まで下っていき、No.3を右折れしてLautze地区にはいると、そこには幾つかお寺があった。その一つはVihara Tri Ratnaは300年の歴史を有する。門の上に現在・過去・未来を表わすドームがあるそうであるが写真ではキャッチできなかった。又Thi Cong Wong Pho Sat and Kuan Yinをまつっているというので菩薩と観音は判るがそれ以上は調べてない。今日は外観だけであるがTri RatnaとViharaMahavira Grahaの写真を掲示する。余りお寺には見えない。


|

« パシフィックプレイスと華人の賑わい | トップページ | インドマルコ「インドネシア企業経営」11月号 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pasar BaruのVihara仏寺の数々:

« パシフィックプレイスと華人の賑わい | トップページ | インドマルコ「インドネシア企業経営」11月号 »