« ヨハネス・カンプハイス(Camphuis)総督と出島  | トップページ | 明日はHari Ibu母の日 »

2007年12月20日 (木)

最近の投資環境トピックス

12月
*本年 成長率6%か、政府目標6.8%に及ばず。但し6%台は11年ぶり。
*5ケ月ぶり政策金利を8.25%から8%に引き下げ
*10月の輸出額、初の100億米ドル超
*インドネシア、07年のインフレ率は6.3―6.7%になる見込み=中銀副総裁
*鳥フル:死者続く。プカンバル、タンゲラン、ジャカルタなど累計93人に。年間30人増
*列島揺るがす地震頻発つづく。

11月
*ジャカルタの最低賃金は8%アップの972,604ルピア、業種別では100万時代へ(107ドル)に
*インドネシアでは食糧不足の懸念、世界的コメ生産の減少で
*ガルーダ航空、名古屋-デンパサール便再開、来年6/2から。
*国民生活豊かさランキング、世界177カ国・地域中イは107位。
*欧州へのイ航空乗り入れ禁止措置の解除見送りに。
*北ジャカルタ中心に下痢被害、死者も出る。
*首都空港への高速道路が大潮で冠水する騒ぎ。欠航多数。
*イの教育レベル、世界130カ国/地域中62位、昨年の58位から後退:UNESCO調べ。

|

« ヨハネス・カンプハイス(Camphuis)総督と出島  | トップページ | 明日はHari Ibu母の日 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の投資環境トピックス:

« ヨハネス・カンプハイス(Camphuis)総督と出島  | トップページ | 明日はHari Ibu母の日 »