« 2006年国家英雄選出とその待遇  | トップページ | パシフィックプレイスと華人の賑わい »

2007年12月 4日 (火)

ジャカルタの大らかさ

昨日日本に戻ってきた。スカルノ・ハッタまでの道中で飲もうと持ってきた缶ビールであったがそのまま検査機を通過しており、更にJALのWaiting Wingの前にはイスもゴミ箱もあったので弁当を広げることが出来た。
弁当と言うのはJALの朝食はクチにあわないので1ケ月の滞在生活の残りの物の肉や漬物の類を整理する為もあり、持ってくるもので、これも検査機OKである。JALの出発時間は昔は11時台もあり現在は10時半だと思っていたのが良く見ると10時10分であったので慌てたこともあり朝食兼夕食の弁当になった。 Waiting Wingに向かう最後のお土産キオスクの香水を売り込みが激しく冗談で応対しつつ、つい買う羽目になったが、その直前でやっぱり冷やかしとなっていた日本人の若者の尻拭いでもあった。その若者は売り子の大らかさに感心するだけで場所を濁してしまった。日本の負けである。

|

« 2006年国家英雄選出とその待遇  | トップページ | パシフィックプレイスと華人の賑わい »

ジャカルタ短信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタの大らかさ:

« 2006年国家英雄選出とその待遇  | トップページ | パシフィックプレイスと華人の賑わい »