« Klenteng Ancolは有名  | トップページ | Museum Manggala Wanabhakti森林博物館 »

2008年1月26日 (土)

BSDのの中のCBD

Cenkareng_bsd_045
ジャカルタの中心スマンギのSCBD(Sudirman Central Business District)とBSDは良く混同するがBSDはBumi Serpong Damaiでシナール・マス グループが開発しているジャカルタ郊外の新都市建設でBSDは固有名詞である。この町はBSD Cityという。ジャカルタからタンゲランに向かうメラック高速道路をカラワチのひとつ手前のタンゲランで降り、Serpong Raya通りをSerpongに向かう。昔の人でもTIFICOとTOTO (あとKumatexなどあったか)がある通りであるが、いまや道も広く両サイドは開発で商業施設や住宅がならんで賑わっている。BSDに入ったなと思えるポイントは噴水の造型タワーであるが更に南に下ってSerpong-Bintaro高速道路が現在は出来ているので、メラック高速だけでなくセルポン高速でも来ることが出来る。ここにSerpong Damai Indahゴルフ場があり昔は何度か来たが今は高くて行けない。総面積は6,000ha、10万都市で、開発は1989年からでまだ開発途上、勿論BSDの中にCBDも開発中である。スポーツの森やWater 公園もあり見物だけでも楽しいことだろうと思う。

|

« Klenteng Ancolは有名  | トップページ | Museum Manggala Wanabhakti森林博物館 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BSDのの中のCBD:

« Klenteng Ancolは有名  | トップページ | Museum Manggala Wanabhakti森林博物館 »