« プラパタンのBrig.Mobilにもオランダの痕跡が。 | トップページ | Djoko Santoso,インドネシア人の風格 »

2008年1月18日 (金)

三元宮は古いコタの納骨堂

6404
コタ駅を通りハヤムウルック通りに向かう所に左手からジュンバタン・バトゥ通りが出てくるが
その通りの端に旧い建物が並んでいる。一番、端にあるのが三元宮であるが、こんな小さな建物もHeukenのジャカルタ歴史サイトに出てくる。Rumah Abuとあるので納骨堂でタン氏やリム氏の家系との事である。1800年台末建設で彫り物や家具に見るべきものがある。又この裏手にあたるPinangsia通りにも幾つかあるらしいので何れ探検しよう。それにしてもこの納骨堂の横の建物の方が気になる。ナンだろう。車が多くて近づけない。

|

« プラパタンのBrig.Mobilにもオランダの痕跡が。 | トップページ | Djoko Santoso,インドネシア人の風格 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三元宮は古いコタの納骨堂:

« プラパタンのBrig.Mobilにもオランダの痕跡が。 | トップページ | Djoko Santoso,インドネシア人の風格 »