« Pak Harto逝く | トップページ | 所在不審な都心と大空間 »

2008年1月30日 (水)

プルミナ・プルタミン・プルタミナ

Pertamina_017
ムルデカ・チムール北のPerwira通りに一昨年夏火事を起こしたプルタミナのビルが聳えている。その下に旧いオランダ時代の建物があるが、広沢さんのメールでこれが旧シェルのインドネシア オフイスであったことを知った。インドネシアには日本占領以前からオランダのロイヤルダッチシェルや米系メジャーが進出していたが、1957年にオランダから西イリアンを奪還する方針を打ち出し、国内のオランダ企業の接収が進んだ。その頂点が王立海運会社とロイヤルダッチである。
57年12月ロイヤルダッチ接収で北スマトラ、南スマトラとカリマンタン及び中部ジャワを担当した夫々の会社を国有化し夫々、プルミナ、プルミンド(後プルタミン)及びプルミガンという国営会社で事業を引き継いだ。 この3社は1968年に統合現在のプルタミナとなったもので、その後は競争相手であった米系カルテックスやスタンバックが勢いを付け請け負い方式や生産分与方式で石油生産が進められてきたが、現在はこの米系も昔日の姿はない。シェルは英国籍であり、国有化法はオランダを対象としているため合弁のオランダ部分を国有化したことでシェルの部分は共和国が1961年に買い取ったのでシェルの最終撤退は1966年である。 詳しくは広沢氏のホームペイジを参照下さい。http://www16.plala.or.jp/bouekitousi/index.html

|

« Pak Harto逝く | トップページ | 所在不審な都心と大空間 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

私のホームページをご紹介頂き有り難うございます。
プルタミナ・ビルの壁に貼り付けているマークが昔の「龍の落とし子」から新しいものになっていますが、このマークは株式会社になって変わったのでしょうね。

投稿: 広沢 勉 | 2008年1月30日 (水) 22時53分

気が付きませんでした。
今度良く見てきます。
最近ガソリンスタンドも明るいカラーでイメージチェンジで
展開しています。

投稿: jakartan | 2008年2月 3日 (日) 11時56分

おなじみ「インドネシア専科」の次のサイトにあるプルタミナ・ビルの写真には、プルタミナの旧社章が表示されています。

http://www.jttk.zaq.ne.jp/bachw308/page002.html

投稿: 広沢 勉 | 2008年2月 3日 (日) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プルミナ・プルタミン・プルタミナ:

« Pak Harto逝く | トップページ | 所在不審な都心と大空間 »