« インドネシア 改訂株式会社法 の邦訳 | トップページ | St.Ursula女学院と教育モットー »

2008年1月 9日 (水)

日本橋界隈の旧跡 

Photo
Kantorposkf1
ウエルトフレーデン所縁の記事を書こうと思い頭には「カントール・ポス」があったが、手元にあったパンフに日本の最初の郵便役所の案内があった。東京の地下鉄は今80周年を迎えており先日、日本橋駅で入手した80年前の地図案内パンフである。江戸橋南、殆ど証券取引所近くにあり、1871年前島密がここに役所を作ったとある。郵便局と称されるのは1875年からである。バタビアは1853年である。
その他日本橋界隈では
* 日本橋:五街道の基点。南詰に由来碑がある。現在の橋は1911年、橋名は慶喜の筆。
* 名水白木屋の井戸:旧東急の前身白木屋の2代目が掘った井戸で井戸跡に石碑がある。
* 凧の博物館:COREDOの北東辺りの洋食のたいめいけんの5Fに先代が開館した。
* 銀行発祥の地*1873年第一銀行が生まれた日銀の地。東反対に野村證券本社。
写真は関係ない同志で東京中央郵便局とスマラン郵便局 このカテゴリーの1年前は1月4日の明治神宮参詣であるがは出来事は2008年と置きなおすだけで今年と全く内容は同じであるが唯一つやタイの食べ物が1年で3割も値上がりしていることに驚く。明日又ジャカルタに行く。

|

« インドネシア 改訂株式会社法 の邦訳 | トップページ | St.Ursula女学院と教育モットー »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋界隈の旧跡 :

« インドネシア 改訂株式会社法 の邦訳 | トップページ | St.Ursula女学院と教育モットー »